コロナ禍での健康管理

2020年は新型コロナウイルス
の話題が日常的になってしま
いましたね。

感染者数がなかなか収まらず、
私たちの行動や生活様式に
大きく影響を与え、昨年に
比べ、かなり不自由な生活を
余儀なくされています。

3密を避ける、マスク着用、
手洗い、うがいなどは生活する
うえで今は常識となっています。

特に夏場のマスク着用の辛さは、
さすがにみんな心身ともに
疲れてしまったのではないで
しょうか。

ワクチン開発もいつになるか
わからず、当面は終わりの
見えない状況ですね。

このような状況で、自分自身や
家族の健康管理をどうするか
とても大事な課題です。


健康とは、
肉体的、精神的、社会的
すべてが満たされた状態にある
ことを言います。

今回はこのうちの精神的と
いうことについて考えてみたい
と思います。

3密を避ける、マスク着用、
手洗い、うがいなどは、自分
だけでなく、周りの人たちの
安全、安心につながるため
にも守るべき行動です。

これを面倒だ、いやだという
思いを強く持つと、毎日が辛く、
精神的に参ってしまいます。

避けては通れないことです。
そこで、これを上手く乗り切る
コツは、行動を習慣づけること
です。

習慣づけてしまえば、特に
意識せず、自然に疑問も持たず
行動できると思います。

その他のコツは、何か別の楽
しみに転化してみることです。

私の場合は、例えばマスクは、
通販で柄物を取り寄せて、その
デザインを楽しんだり、お客様に
機能的なものを紹介してもらい、
さっそく試しています。

また、精油を取り寄せている
お店がアロマもマスクスプレーを
取り扱っていましたので、取り
寄せて、マスクにスプレーして
香りを楽しんでいます。
息苦しさがかなり緩和されます。
時々、お客様に紹介がてら
プレゼントしてみたりしています。

除菌用アルコールジェルは、
数種類比較検討しました。

最近では、ハンドソープの
ノータッチディスペンサーを
試して楽しんでいます。
とても便利でもっと早く購入して
いればと思っています。

このように、少し楽しむぐらいの
気持ちでいろいろ新しいことを
試してみると、気分転換できます。

もしこのような切り替えができない
ということであれば、自分の話を
親身に聴いてくれる人と話すのも
おすすめです。

そういう人もいなければ、例えば
利害関係のない、サロンの
セラピストと施術を受けながら
話をしてみてはいかがでしょうか。
心理カウンセラーではありませんが、
それなりに気持ちが楽になると
思います。

私もお客様とたわいもない話を
したり、お客様が抱えている問題
などもアドバイスを求められる
こともあります。

先日は常連様から深夜に電話を
受け体調不良の対策の相談を
受けました。
何故私に?と尋ねると、他に
相談する人がいないことと、
親身に相談に乗ってくれる
からとのことでした。

何か困り事があったときに
相談できる人がいるだけで、
心のよりどころができます。

いくつか精神的な面での
健康管理についてご紹介しま
したが、これらをヒントに
ご自身の健康管理について
考えてみてくださいね。




2020年10月30日