アロマトリートメントを極めるための本

今回はアロマトリートメントの
プロを目指す方、
アロマトリートメントの施術が
大好きな方にぜひ読んで
頂きたい本をご紹介します。

太古ではコース名が
アロマリンパケアですが、
リンパドレナージュの施術と
筋肉のもみほぐしの療法が
満足できる施術です。

一般にスクールで知識や技術を
学び、実践形式で施術を経験し、
スクールで決められた履修条件を
クリヤー出来ればアロマトリート
メントを施術できるのプロと
しての資格が得られます。

資格の名前やお店での
コース名も様々ですが、
それは重要ではありません。

実際は、資格があることと、
プロとしての実力があることとは
リンクしていませんので、資格が
あるからといってそれで満足
してはいけません。

施術技術はスクールなどで学ぶ
ものを基本とすればいいのですが、
それだけでは知識や技術に偏りが
生じてしまう可能性があります。

何でも学べばいいというわけでは
ありませんが、より多くの知識や
技術のエッセンスを参考にすると
よりレベルの高いセラピストを
目指すことができると思います。

そこでおススメなのが次の
3つ書籍です。
とても有益な情報が得られます。

①リンパの解剖生理学
  著者:高橋結子
  発行所:
   株式会社BABジャパン
  発行日:2013年2月5日

②プロフェッショナル  
 アロマセラピー
  著者:ジョアンナ・ホア
  発行元:ガイアブックス
  発行日:2010年2月1日

③オイルマッサージ教本
  著者:浅井隆彦
  発行元:医道の日本社
  発行日:2013年6月20日

各々簡単に説明します。

①リンパの解剖生理学では
 リンパを理解しやすい
 工夫がされています。 
 
②プロフェッショナル
 アロマセラピーでは
 エッセンシャルオイルの
 知識が学べます。

③オイルマッサージ教本では
 高度な施術テクニックが
 写真付きで学べます。

各々、必要な場面で、
参考書のように活用すれば
いいと思います。

なお、プロを目指す方に
さらにアドバイスしたいのは
整体についても学んだほうが
いいということです。

前回のブログで、整体を
学ぶための本もご紹介
していますので、それも
参考にされるといいと
思います。

 



セラピストはただ施術が上手
ければいいというものでは
ありません。

施術の背景にある理論や知識が
十分であれば、よりお客様の
信頼を得ることができます。




2020年02月15日