整体を極めるための本

今回は、プロの整体師を目指す
人に役に立つ情報を提供します。

もちろん一般の方で、整体に
興味がある方も読んでいただけ
たらうれしいですね。

整体師になるには、スクール
などで知識や技術を学び、
整体師の民間資格を取得すると
いうのが一般的だと思います。

整体師にとって、知識として
身につけておくべきことは
何でしょうか?

人のからだのしくみ、すなわち
解剖学を学び、理解することです。
施術をする上で役に立ちます。

逆に言うと、人のからだの
しくみを知らずして
施術をするなど考えられません。

これは整体に限らず、他の施術の
ジャンルでも言えます 

現実は解剖学を学ばずに
セラピストになる人も多いの
ですが、お客様から信頼
されるためには、スクールで
学ばなかったとしても、
独学で書籍などから学べば
いいのです。

このことは、お客様の
立場で考えればわかります
よね。

あなたが、整体を受ける場合、
身体のしくみを知らない
整体師に施術を任せられ
ますか?
不安ですよね。

私はスクール時代、もちろん
解剖学の授業を受けましたが、
身体や健康に関する書籍も
よく読みました。

特に筋肉に関する本は
いっぱい出ていますので、
何冊か購入してみると
いいでしょう。

私が整体師を目指す方に
おすすめしたい本があります。
そのうち下記の3つを
ご紹介します。
 
①整体セラピストになる(3級)
 著者:山本珠美
 発行所:株式会社BABジャパン
 発行日:2005年12月1日

②クリニカルマッサージ
 著者:James H. Clay
 David M. Pounds
 発行所:医道の日本社
 発行日:2004年3月5日

③トリガーポイント療法
 著者:マーティー松本
 発行所:BABジャパン
 発行日:2014年7月30日


プロなら誰しも、知識も技術も
一流でありたいと思っていると
思います。
今回ご紹介した本は、一流に
近づくためのアイテムです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年02月14日