タイ古式マッサージがユネスコ無形文化遺産に登録!

2019年12月12日は
タイ古式マッサージ師に
とって忘れられない日に
なりました。
なんと、タイ古式マッサージが
ユネスコ無形文化遺産に登録
されたんですよ。

日本では施術と言うと、多くの
人が整体を思い浮かべるのでは
ないでしょうか?
日本発祥ということも
影響しているかもしれません。
整体院も多いので、施術を
受けた人も多いでしょう。

一方、タイ古式マッサージ店は
それ程多くはないし、従って
施術を受けたこともない人も
多いでしょう。
それにも関わらずタイ古式
マッサージのイメージとして
次の二つが定着しています。

 ①世界一気持ちいいと
  言われる施術
 ②とにかく痛い施術

②は問題ですね~
テレビなどのメディアが
取り上げたい場面は、
インパクトのある場面です。
それにピッタリなのが、
ブリッジされて痛がって
いる場面。
私もテレビで見たことが
ありますが、正しく取り
扱ってほしいですね

その結果、ステレオタイプ的に
タイ古式マッサージ=痛いもの
という印象を植え付けてしまった
ように思えます。

皆さんには、そのような間違った
情報に惑わされず、気持ちのいい
タイ古式マッサージを堪能して
頂きたいと思います。

さて、ここで
タイ古式マッサージの
タイ国と日本での扱いを
比べてみましょう。

タイ国ではタイ古式マッサージは
伝統医学の手技療法に該当します。
2500年の歴史を持ち、元祖は
釈迦の主治医であるインドの医者
シーボック・ゴマラバート
(いろいろな表記があります)
と言われています。

タイ国では、広く庶民に
親しまれ、生活の一部にも
なっているといっても
過言ではありません。

国がバックアップするのも
もっともなことですね。

ちなみに、私のタイ古式
マッサージの終了証書は
タイ国衛生省が発行しています。

医学の範疇ですので、
タイ本国では、医療の現場で
タイ古式マッサージが
リハビリの手段としても
利用されているそうです。

一方、日本ではどうでしょうか?

あん摩マッサージ指圧師、
はり師、きゅう師、柔道整復師
などの国家資格とは異なり、
タイ古式マッサージ師や
整体師は民間資格です。

治療は出来ず、あくまでも
リラクゼーション、
もみほぐしの範疇です。

国家資格か民間資格かと
いうことと、施術が上手いか
どうかということは
別次元の問題です。

日本ではタイ古式マッサージが
民間資格のカテゴリーに
なっているだけのことです。

タイ古式マッサージを医学の
範疇として治療に活用するタイ国。
片や単なるリラクゼーションと
位置づけられている日本。

今回の無形文化遺産登録を機に、
日本におけるタイ古式マッサージ
の認知度が上がり、医療関係の
方々がタイ古式マッサージに
興味を示し、その有効性を正しく
評価し、医療に活用するきっかけ
になればと期待しています。

もちろん法律上の制約がある
こともわかります。
先入観や、しがらみを捨て、
行政がタイ国の事例に学び、
価値あるものならば、真摯に
研究し、いろいろな場面で活用
する発想も必要だと思います。

タイ古式マッサージで多くの
人が健康改善しています。
つまり病気の予防にも
貢献しています。
結果的に医療費の増大防止にも
繋がると思います。

そのような側面をもっと
評価してもらいたいですね。

タイ古式マッサージ師は誰もが
その価値を熟知していますが、
世の中にその本質、価値を
まだまだうまく発信出来ていない
と思います。

私も、タイ古式マッサージ師と
しての誇りを持って、施術だけで
なく、これからは無形文化遺産を
伝承していく役割もあるとの意識を
もって、世の中に有益な情報を
発信していきたいと思っています。

ぜひ皆さんには
タイ古式マッサージに興味を
持っていただき、できれば
施術を受けてもらいたいですね。

その施術の気持ちよさ、改善
効果にビックリされると思います。


タイ古式マッサージについて
知りたい、学びたいという方に
私の書いたものを二つ
ご紹介します。

①タイ古式マッサージの
 魅力についてのコラム


②健康と癒しをテーマにした
 電子書籍
   あ~なるほど!! 
   狸先生の『健康読本』

出版本の表紙



 この本の中でタイ古式マッサージ
 について紹介しています。
 イラスト付きなので読み易く
 理解が深まりますよ。
 ぜひ一読ください。





2019年12月18日