開業物語4

開業物語 1-4


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【44】 店舗準備
    ( 内装工事 )その2

  施術部屋の①と②。 部屋のサイズはほぼ同じ。
 両方とも奥に棚がある。
 ①は奥の壁をデザイン壁にするために窓を塞ぎ、
 板を一枚上に貼りつけたが、②はデザイン壁を右
 側全面にしたので、奥の窓はそのままとした。
 後でカーテンで窓を隠す予定だ。

 

 



  可動式壁のしくみが完成。
 畳柄の奥の2部屋が、施術部屋③と④、手前の倍の
 サイズの部屋が多目的ルームだ。
 稼働壁を全部開けると多目的ルームの倍の部屋が出
 現する。
 このような仕掛けにしておくと、目的に応じて部屋
 の広さを変えることができる。
 

 


  一部、簡単な工事を残し、ほぼ完成した。
 10月29日にクリーニング、10月31日に鍵の
 受け渡しとなった。とりあえずこれで、内装が仕上
 がり、あとは発注している備品類の搬入と、外装工
 事(看板類の設置)だ。

  10月30日、待合室の家具の搬入だ。
 以前アジアン家具のお店で発注した家具だ。
 とりあえず仮の位置決めをする。


 

 

            

  事前に購入してあったグッズで着飾る。
 待合室としては合格点だろう。
 こだわりの床のタイルである。正方形のタイルを市
 松模様に貼りつけてある。
 光の当たり具合によって、魅力的な表情が現れる。




  10月は、学校に4日通い、タイ古式のみ6回受
 講した。タイ古式は抜粋コースを始めて、ほぼ1年
 1ヵ月。受講数は337回。600時間を超える。
 
  10月はバタバタしていたので、整体の卒業試験
 は受けるタイミングがなかった。11月11日に実
 技と学科の卒業試験を受けることにした。
 整体の実技を受講したのは7月7日が最後だったの
 で、4ヵ月のブランクである。
 身についている自信はあったので、卒業試験はぶっ
 つけ本番で臨むことにした。
 学科は暗記カードを作っていたので、1週間ほど集
 中して復習すれば何とかなるだろう。
  

  11月1日。スタッフルーム(2)に冷蔵庫、洗
 濯機、乾燥機を設置した。
 洗濯物は外で干せないので、洗濯機で脱水が終わっ
 た後、乾燥機で乾燥する運用だ。
 冷蔵庫は、もしお客様が買い物帰りで立ち寄りたい
 時に、冷凍品、冷蔵品を預かることができる。

 壁際にあるのがキッチンワゴン(350 x 750 x 850)。
 お客様に出す飲み物の準備をする作業台だ。
 コップ類は下の棚に収めてある。
 作業スペースは十分確保した。
 床は明るい色の木目柄、壁はベージュで全体的に明
 るい雰囲気を演出した。


   ( スタッフルーム(2))


    
  待合室から施術部屋に向かう廊下だ。
 フロアタイルは、待合室と同じ素材だが、市松模様
 ではなく、すじ状のパターンを縦に同じ方向につな
 ぎ合わせて敷き詰めてもらった。
 その効果で長い廊下、すなわち、広いお店という演
 出ができる。(実際7.3mと、かなり長い)

 手前の扉が多目的ルームへの入口。突き当りの扉が
 スタッフルーム(2)。
 突き当りの右が化粧室。左が施術ルーム4部屋。
 以前書いた左回りの法則がここで具現化される。
 初めてのお客様の場合、初めて案内される場所なの
 で、突き当りを左に曲がるほうが、安心感があると
 いうことだ。 


 

  施術部屋③だ。 
 取りあえず必要なアイテム一式を運び入れた。
  --------------------------------------------
   床・・畳柄フロアタイル。入口、左の壁側は木
      目調のフロアタイル。
   壁・・左側はベージュの壁紙、右側は可動式の
      デザイン壁
   天井・・左の壁よりも若干黄色味のある壁紙。

   照明・・ダウンライト(白熱灯)施術に入った
       ら電源OFF
       壁の照明はオーダーした照明器具が人
       気で、入荷まで待たなければならない
       で、それまでの仮仕様。照明は調光タ
       イプ。

   入口・・上のスペースからエアコンの風が入っ
       てくる。オーディオの音楽もここから
       舞い降りてくる。
   カーテン・・アジアン雑貨のお店で購入。
       表がオレンジで裏がベージュの生地。
       2つ買い、同じ色同士を並べず、表裏
       を組み合わせてみた。その方が面白い。
        (後々1枚追加し3枚仕様にした)

   マット、枕・・・これはこだわりのあるアイテ
       ムで、選ぶのに充分時間をかけた。
       お客様に、いかに快適な姿勢でくつろ
       いでいただけるか?だ。
         (枕は5種類購入)
   上掛けタオル・・・欲しいサイズを見つけるの
       に苦労した。色はベージュとブラウン
       の2種類を購入した。   

   椅子、桶・・・足浴をする際に使う。椅子の上
       は座布団。
       (桶は今は別のタイプを使っている)
   ランプ・・・施術中はダウンライトは消すので、
       壁の照明とこのランプの照明、または
       壁の照明のみ。

   時計、温湿度計・・・3つの機能がそろった商
       品を購入した。(便利)

   クッション ・・・腕の施術をする際、腕の下
       に置く。
   三角クッション・・・横向きの施術の際の抱き
       枕として使用する。
   籠・・着替え用の籠(今は別のもの)、
   屑籠(今は別のもの)   
   --------------------------------------------------------------

    ( 施術部屋③ )


  お店の入口(自動ドア)を入ったところ。
 正面が受付カウンター。デザイン壁。右の扉の奥は
 スタッフルーム(1)。
 左手が待合室。
 窓はまだ看板用のフィルムは貼られていない。

 

 

  (受付カウンター、待合室)



  11月7日。施術部屋①と②にマット、枕、
 上掛けタオル、備品類をセットしてみた。
 取りあえずこれをベースにしておこう。



     ( 施術部屋① )   

 

 

 ( 施術部屋② )



 施術部屋④だ。
 整体専用の部屋だ。手動で高さ調整のできるベッド
 を置いた。
 ベッドの色はもちろんグリーン。
 

   ( 施術部屋④ )


  待合室のディスプレーとして検討していたアイテ
 ムが到着した。
 昨年から、学校の帰りに新宿の花屋さんによく立ち
 寄って、片手に乗るぐらいの観葉植物や、ブリザー
 ドフラワーを何度か買っていたので、店長さんと顔
 見知りになっていた。

 物件が決まった後、お店のレイアウトを説明し、待
 合室や、受付カウンターの横、上などにどんな花や、
 観葉植物がいいか相談に乗ってもらっていた。

  絶対にお勧めの新商品があるとのことで、見本を
 見せてもらった。 白い仕掛けだ。
 周りが飾りになった額縁の入れものに木製のキュー
 ブが6個収まる。
 キューブの中はスポンジで、真ん中の穴に観葉植物
 の根と茎を差し込む。
 水と液体肥料をやるだけなので、手間がかからない。
 観葉植物を2種類、交互に並べた。

  一つ問題がある。これをどこに設置するのか?
 店長は壁に取り付けるのがいいと言う。
 それは壁に穴を開けて、取り付けるということだ。 
 正直度胸がいるが、覚悟を決めて大工さんに頼んだ。
 少しトラブルが発生したが、結果的に何とか取り付
 けることができた。



 

 

             




            
  参考までに、2014年3月現在の写真をお見せしよ
 う。白の葉は環境に適用できず枯れてしまったが、
 緑のほう、『シェフレラ』は何とびっくりするぐら
 い、大きくなった。
 2つ前の写真と比べてみてほしい。
 環境にさえ合えば、こんなにも成長するのだ。
      




  その他の観葉植物だ。 
 手のひらを広げたような面白い形。
 名前は『クッカバラ』 


            


  これは、2014年3月現在の状態。
 茎の本数が1.5倍増えた。