開業物語1


★開業物語★

はじめに

  今の時代、若い人にとって『転職』は普通のこと
 です。一方、50代のサラリーマンにとって、天職
 は人生設計を狂わす『リスクの高い賭け』ではない
 でしょうか。

 定年まで会社に勤めれば、それなりの退職金をも
 らい、人並みの老後を迎えることができるの、なに
 も好き好んで新しいことに挑戦しなくてもいいので
 はないか。

 私もサラリーマン時代は、自分の人生は、会社とと
 もにあると思っていました。
 でも、何が起こるかわからないのが人生です。
 私は50代で突然会社を辞めました。妻や子供にし
 てみれば、大変迷惑な話だったと思います。

 その後、進路を模索している時に、不思議な縁で
 タイ古式マッサージ、整体に魅了され、1年8ヵ月
 の修行を積み、民間資格を取得しました。
 50代のセラピストの誕生です。

 小さいころから、手に職のある人を羨ましいと思っ
 ていましたので、夢が半分かないました。

 残りの半分は自分の城、すなわちサロンを持つこと
 です。100%自分の想いを世の中に伝えていくた
 めには、自由になる自分の城がないと実現できませ
 ん。

 物件に恵まれ、2011年12月に京王線つつじヶ
 丘駅から徒歩2分のところに『太古』という屋号の
 サロンをオープンすることができました。

 自力で開業にこぎつけたので、周りから「大変だっ
 たでしょう?」と言われますが、好きなことをして
 いるので、苦労と感じたことは一度もありませんで
 した。

 この度、その記録を『開業物語』と題して世に送り
 出します。セラピストを目指している方、サロン開
 業志望の方には具体例が参考になると思います。

 また、仕事のノウハウはサラリーマンやOLの方に
 も活用していただけると思います。
 このブログが少しでも皆様のお役に立てれば幸いで
 す。
 最後に、妻、子供たちにこのブログを通じて、私が
 夢の実現のためにかけた迷惑を詫びるとともに、直
 接伝えられなかった第二の人生の歩みと志が伝えら
 れれば幸いです。


★第一部
 退職から開業まで 
(2009年10月~2011年12月)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【1】退職

  外資系企業に30年勤め、第二の人生に挑戦すべ
 く2009年9月末に早期退職した。長年に渡って、活
 躍の場を与えてくれた会社に感謝している。
 最後の1年は想定外だったが、今ではプラスにとら
 えている。

 技術系、製造系の仕事の実務と組織運営、事業所
 運営、海外出張、設備投資、ISO(品質、環境)、
 危機管理等、幅広い課題に従事した。

 人・物・金・情報・時間のリソースを活用するマネ
 ジメント能力を身につける勉強をさせてもらった。
 3つの事業部、6つの部門を経験し、数々のプロジ
 ェクトを手掛け、会社に貢献した。 

  早期退職の募集は、退職の4か月前の6月初めだ
 った。会社を辞めるなどということを、会社人生で
 一瞬でも考えたことがなかったのに、5月ごろ行わ
 れた早期退職の説明会でふと辞めようかと思った。

 一時の気の迷いかとも思ったが、数日頭を冷やし、
 それでも気持ちが変わらなければ、実行に移そうと
 考えた。家族には相談しなかった。 

 会社人生を振り返った。一年前、突然の人事異動で
 部長職から降格した。仕事へのモチベーションが、
 100から一気にゼロになった。
 前代未聞の移動先の発令のない3ヵ月の待機期間。
 部下も仕事も自分の意思に関わらず一瞬にして奪わ
 れた。プライドがあったので周りの目に耐えた。

 その後異動先が決まり6か月間。気持ちを切り替え
 モチベーションは65ぐらいまで持ち直してきては
 いた。自分の心に問いかけた。将来、自分の能力を
 発揮できる場が再び訪れるのか?
 今幸せか?答えは絞られた。

 募集の受付が始まった2~3日目に辞表を提出した。
 上司はビックリして引きとどめてくれたが、決心は
 変わらなかった。自分の人生のほとんどを費やして
 きた会社と、紙切れ一枚で簡単に縁が切れるのかと
 思うと、何ともあっけない幕切れだ。

  辞表を受理されてから退職まで4ヵ月。3か月間
 は職場では情報公開できず悶々としていた。妻には
 退職日の1ヵ月前ぐらいに「今月で会社を辞めるこ
 とにした」と話をした。驚いた様子はなかったが、
 「辞めた後のことはちゃんと考えてくださいね」と
 釘をさされた。
 かなり経ってから、その時の事を聞いた。私のこと
 を、疑いもなく、いわゆる会社人間で、定年まで勤
 め上げると思っていたようで、「まさか、自分の
 旦那が」と、かなり驚いたとのことだった。  

 最後は一日も有休消化せずに、一人で品質改善と
 コストダウンのプログラムを実行し結果を出した。
 意地もあったが、自分へのけじめだった。
 立つ鳥跡を濁さず。

  9月30日、退職日。
 最後に守衛所で社員証を返却した。

「ああこれで終わりか~」とつぶやいた。
 大学を出て23歳で入社。今日が30年6ヵ月もの
 長い間過ごした会社とのお別れなのに、何故か実感
 がわかなかった。

 世間から見れば些細な事なのだが、最後の一年間、
 負の経験をしてしまったせいかもしれない。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【2】充電期間のはじまり 

  サラリーマンは会社を辞めて、世の中でまともに
 通用するのだろうか?
 サラリーマンを辞めたら、ただの人ではあまりにも
 悲しい。
 会社で学んで、身につけたことが、違う環境でも活
 かされるのであればそれが育ててくれた会社への、
 本当の意味での一番の恩返しだろう。

  退職した次の日から、昔流行ったフレーズ
 『毎日が日曜日』が頭をよぎる。
 昨日まで、慣れ親しんだ名刺の肩書はもうない。
 口にも出来ない。
 無職で、どこの組織にも所属しない現実は厳しい。
 後戻りはできないのだ。受け入れるしかない。

  いきなり手に入った自由な時間が、重荷になる。
 30年間、朝起きたら会社に行く習慣が体内時計に
 組み込まれていて、急にリセットは難しい。
 「今日は何をしようか?」…
 遊んで暮らす身分ではないが、30年間会社中心の
 生活を送ってきた心と身体に感謝の意をこめ、しば
 らく休養を取ることにした。
 45歳の時に製造部長と事業所長を兼務する責任あ
 る立場になり、睡眠時間が3~4時間の生活を4年
 ほど送った。身体は丈夫でも、交感神経に負担がか
 かっていたはずだ。

  そこで、聴こえのいい、ポジティブなイメージの
 言葉『充電期間』を大義名分として、自分を見つめ
 なおす期間を最大6ヵ月と決めた。
 定年退職し、趣味もなく家に閉じこもっていると、
 急に老け込み、ガクッとくる話を耳にする。 
 まだまだこの歳で老け込むわけにはいかない。

  今までの生活パターンとあまりにもギャップが
 あると、体調を崩すだろうと思った。
 自宅での学習、再就職支援会社の施設利用、面談、
 企業セミナーへの参加なども並行して行った。
 また、企業でサラリーマンを続けるのか? 
 起業し、今までの経験を活かしたコンサルティング
 でもするか? 充電期間中に結論を出そう。

  もともと本が好きだったので、とにかく本を読み
 漁った。気分転換を目的にしたもの、将来役に立ち
 そうなもの、何でもいい。活字に囲まれていると気
 持ちが落ち着く。
 ビジネス関係では、起業ネタ、マーケティング、
 マネジメント、財務、会計、経営、ゲーム理論等、
 小説はサスペンス物を楽しんだ。

 それまでは斜め読みが多かったが、この時は精読、
 熟読を心がけた。
 読み方を変えるだけで、理解度が変わってくる。
 週3~4冊の無理のないペースを身につけ、徐々に
 知識欲が満たされていった。 

 若い人の活字離れが言われて久しい。
 TVやゲームも役に立つものならいいが、時には、
 本を読んでほしいと思っている。

  会社を辞めてまだ1ヵ月経ってないときに、知人
 の紹介で、ヘッドハンティングの会社から、製造関
 係の外資系企業の責任あるマネジメントのポジショ
 ンへの募集の話を持ちかけられた。
 今までの会社人生で学んだことが、かなり活かせる
 仕事の内容だったので、勉強も兼ねて、面接を受け
 てみることにした。

 英語の履歴書の作成や、面接でのQ&Aのシミュレ
 ーションなども行い、11月に英語での三次面接に
 臨んだ。久々に英語の勉強も出来、楽しむことが出
 来た。
 
 英語での面接は約1時間われたが、特に沈黙もなく
 話し続けることが出来た。最終面接の日程は相手の
 社長の都合に合わせたが、年を越し、4月に行われ
 た。この時も英語で約1時間。結局6ヵ月に渡り、
 面接を合計4回受けたことになる。二股はかけたく
 なかったので、その他の会社の面接は受けなかった。

 結果、採用されなかった。出身企業と、私の風貌か
 ら、現場で泥臭い活動をするタイプに見えなかった
 ようだ。泥臭い経験もあり。修羅場も潜り抜けてき
 ており、得意なのに...

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【3】充電期間
  ( タイ古式マッサージとの出会い )

  面接期間が長期に渡ったので、その間はひたすら
 社会勉強に専念した。
 将来仕事に就くと、なかなかまとまった時間が取れ
 ないだろうと思い、PCスキルアップセミナー
 (Word,Excel)、起業セミナー等に参加
 した。

 そんな時、たまには気晴らしをしようと思い、京王線
 沿線にある岩盤浴付きの温泉施設に出かけた。
 岩盤浴と温泉を満喫したが、マッサージコーナーが
 気になった。今までの人生で、マッサージを受けた
 ことがなかったので、整体、タイ古式マッサージ、
 足踏み、アーユルベーダ、垢すり等々何にチャレンジ
 すればいいか迷った。

  せっかくなら、珍しそうなものにしてみようと思
 い、人生初のタイ古式マッサージを受けることにし
 た。 セラピストは小柄な女性だが、こちらの身体を
 自由に操っている。
 そのうちウトウトしたが、あまりの気持ち良さと技の
 レパートリーの多さに衝撃を受けた。

 昔から、何か手に職のある人を羨ましく思っていた
 ので、もしかしたら、これなら自分でも出来るのでは
 と直感が働いた。 
 充電期間を勝手に延長し9ヵ月~1年に延長していた
 が(笑)まあ何とかなるのではないかと… 
 あくまでも趣味としてだ。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【4】充電期間
   ( スクール通い )

  善は急げだ。まず手始めにタイ古式マッサージス
 クールのWeb Siteを検索した。
 トップページの上位にあるスクールを見ると、無料
 体験がある。マッサージについての知識がないので、
 どのポイントでスクールの比較検討をすればいいのか
 わからない。取りあえず見学と体験をしてみるか。 

 メールで無料体験の問い合わせをすると、折り返し
 すぐに返事が来た。対応が良かったので、まずはその
 学校に行ってみることにした。
 
  講師陣、カリキュラム、授業風景等、気に入り、入
 学する気になった。
 実はタイ古式マッサージだけを学ぶつもりが、整体も
 学ぶよう勧められた。
 「絶対に役に立つから」と熱心に説明を受け、まあ2
 種目できれば面白いか
 と思い、授業料はかなりかかるが、学校のアドバイス
 に従った。

 整体はプロの本格コース。タイ古式マッサージはこの
 時点では、一番簡単そうなコースにしておいた。
 学ぶ順番は整体からがいいとのアドバイス。整体で身
 体の使い方をマスターすれば、タイ古式マッサージに
 応用でき、習得しやすいとのこと。
 それぞれがどのような特徴があるのかもわからない
 ので、とりあえずプロの言うことを信じて従うことに
 した。これが後で功を奏するとは、この時点では思い
 もしなかった。

  2010年3月16日。整体実技の初日。久々に緊張
 し、どっと疲れた。
 白衣に身を投じたのは何年ぶりだろう。大学での化学
 の実験以来だ。
 生徒は20代~60代。学生、パート、主婦、会社勤
 めのサラリーマン、OL、私同様会社を退職し、次の
 道を模索している連中。これだけ違った
 経歴の人たちと接する機会もなかなかない。
 人間ウォッチングも面白い。
 しかし、実技が始まると、とてもとても、そんな余裕
 はない。

  講師が新しい手技の見本を見せてくれ、その通りに
 やろうとするが、あれっおかしいぞ。
 うまくいかない… あれ~…
 スポーツが好きで、運動神経には自信があったが。
 軽い気持ちで入学したが、一瞬早まったかと後悔
 した。
 いかんいかん、どんな世界でも、最初は見習いからと
 自分に言い聞かせ、心を落ち着けた。

  スポーツや学問と一緒で、学び=真似る で、とに
 かく講師と同じようにできるまで、同じことを何度も
 何度も繰り返し練習するだけだ。

 生徒同士が組んで施術の練習をする。毎回生徒の組み
 合わせが変わるので男性、女性、年齢の違い、体型の
 違い、筋肉量の違いなど、同じ手技でも、相手によっ
 て施術した感触が全く違う。どんな人が相手でも、
 満足してもらえるよう、技を磨かないと…

  実技以外に学科の授業がある。学科の卒業試験もあ
 る。学科の授業を逃すと同じ授業はめぐりあわせが悪
 いと、次の月まで待たなければならないので、実技
 よりも優先して集中して取得した。セラピストとして
 当然知っておかなければならない、からだのしくみの
 基本を学ぶ。解剖学、栄養学、東洋医学、手技療法理
 論等々。講師の話が面白く、授業は楽しかった。

 授業以外でも積極的に関連の情報に目を配り、興味を
 持つことが必要だ。身体だけではなく、『心』も切り
 離せないテーマなので、心理学、メンタルヘルスなど
 も学びたいテーマである。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【5】充電期間( 健康管理ー野菜スープ )

  セラピストとして心がけなければならないことが
 ある。自分自身の健康管理だ。精神的にも肉体的にも
 健康である必要がある。ここでは身体づくりの基本で
 ある「食」について触れる。
 
  会社時代、車通勤、激務、深夜の栄養価の高い食
 事、睡眠不足が原因で、みるみる太ってしまった時期
 がある。ベスト体重+10Kgになっていた。

 身体を動かすのが億劫になり、近くに買い物に行く
 にも車、椅子に座る時は、「よいしょっ」の掛け声、
 家に帰ると典型的なカウチポテト。駅は階段を避け迷
 わずエスカレーター。洋服は身体の成長に合わせて
 サイズアップ。

 流石に、このまま太り続けると、大袈裟ではなく
 生命の危機だ。
 特に膝への負担が大きい。5kgの鉄アレーを2つ持っ
 ているが、常時その鉄アレ―を持ち歩いているよう
 なものだ。ぞっとする。

  妻も見るに見かねて、お医者さん推奨の、肥満
 解消の食事のレシピをもらってきた。野菜は好物な
 ので、興味が湧いた。早速材料を揃え、2~3日分を
 作った。これはいい!『野菜スープ』にすっかり
 はまってしまった。

 レシピも自分なりにアレンジした。下の資料がそれ
 だ。毎食一品は『野菜スープ』。炭水化物は通常の
 6割程度にとどめる。タンパク質、ビタミンCなどは
 しっかりと取る。

 1年半ぐらい、ほぼ毎日『野菜スープ』を食べた。
 そのおかげで、最初のひと月で6kg減量出来、あとは
 無理をせず毎月1kg減量し、半年たたないうちに簡単
 に10kg減量達成した。
 その後も身体にいいので継続し、体重を維持した。

  このダイエットのコツについて、太古のFacebook
 で取り上げているので、そちらも参考にしてほしい。
  → http://www.facebook.com/taikosalon

 Facebook頁のいいねを押していただくと、それ
 以降、ニュースフィードに投稿記事が配信される。
  (ダイエットは6/19, 7/3,7/6, 7/20, 7/25 の5回
   記事を投稿している)

     レシピ

 

  5日分程度まとめて作る

    スープカップ


    小分けする

 

     冷蔵庫で保存

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【6】充電期間( 整体ー基礎 )

  ほぼ同じ時期に入学した連中と仲良くなり、帰り
 に一緒に食事もした。
 私のように当面趣味の範囲で身につけておこうとい
 う人達、卒業して、すぐサロンで修行し、将来開業
 を考えている人達。 

 まずは目の前の課題について盛り上がる。
 その課題とは、基礎手技の中の初歩段階の手技の出
 来栄えをチェックする実技試験のことだ。
 まずはこの試験に合格しないと、次のステップに進
 むことができない。
 とりあえず、スタートして約2ヵ月後に、実技試験
 を申し込んだ。

  5月14日。実技試験は夕方からだ。年甲斐もなく
 朝から緊張していた。
 試験官は女性の講師だ。体型を見て、これぐらいの
 圧でいいかな?と判断したのが間違いのもと。
 強めがお好みだった。これは反省材料だ。

 見た目での判断がいかに当てにならないかを学んだ。
 試験はあっという間に終わった。
 表向き落ち着いているように振る舞ってはいたが、
 自分がどのような手技をしたか、よく覚えていない。
 合格はしたものの、これでは先が思いやられる。

  気持ちを切り替え、次の段階だ。5月15日から
 基礎手技の残り約半分の手技を学び始めた。
 今までの学び方や結果がしっくりとこなかったので、
 やり方を少し変えてみよう。 

 それまでは、もともと趣味と考えていたので、再就職
 活動の勉強の合間に学校は週2、3回通う程度。
 人の身体を扱うなら早い段階でからだのしくみを知っ
 ておいたほうが施術をする時の理解度が違うと考え
 た。

 実技の授業も受けながら、解剖学などの学科のコース
 を優先して受講した。
 特に筋肉、骨格、神経等々の科目は重要だ。
 学科を優先したため、90分の実技のコースは、週
 3~4回程度しか受けなかった。
 明らかに練習不足だった。手技の練習頻度を倍増
 することにした。
 
  この段階の課題は、引き続き手技の目的の理解
 と、基本的な手技の要素を身につけることだ。
 例えば肩こりを改善するには、どの筋肉に対して
 ど のような方法でアプローチするか?
 (例えば僧帽筋、肩甲挙筋等)
 コリの存在が手で触って確認できるか?

 部分的には拇指(親指)、手掌、手根の使い方、
 肘の使い方、全体的なからだの使い方としては、
 姿勢、フットワーク、体重圧のかけ方等々を学
 ぶ。
 スポーツと同様、「体で覚える」プロセスだ。 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【7】充電期間( 方法記憶 )

  ここで、新しいことを身につける方法について
 考えてみよう。よく「体で覚える」と言うが、
 正しくは「脳が記憶する」ことだ。
 これは「方法記憶」と呼ばれ、ものごとのやり方
 や、手順を覚える記憶のことだ。

 身近な例では箸の持ち方、字の書き方を覚えた
 り、クラブ活動で、スポーツを身につけることが
 それに当たる。

  手技を何度も繰り返し練習すると、無意識に
 自然に身につくが、気をつけなければならない
 のは、「方法記憶」は記憶がかなり強固だとい
 うことだ。

 自己流のフォームや間違ったフォームを身につ
 けると、後で正しいフォームに直すのに一苦労
 する。
 一度身についた癖は簡単には直せない。
 方法記憶は便利な反面、このようなデメリット
 もある。

  身近な例では、箸の持ち方だ。幼少期に親か
 ら正しい持ち方を教わらなかったのか、驚くほ
 どほとんどの人が自己流だ。礼儀作法に気配り
 のある日本の文化なのに、正しい箸の持ち方、
 使い方が伝承されないのは不思議である。 
 人に迷惑を掛けているわけではないので、慣れ
 親しんだ持ち方で済ませてしまっているのが
 実情だ。
 
 正しい持ち方をちゃんと知れば、人によっては
 直すのに三日もかからないだろうが、癖が抜け
 ず、なかなか修正できない場合もある。
 ここで、「直してみようかな」という人と、
 あれこれ理由をつけてエクスキューズする人が
 いるだろう。この違いはどのようなところから
 来るのだろうか?

 後者のエクスキューズタイプの人だと、ビジネ
 スのいろいろな場面で、困る場合が出てくる。
 私は、確か中学生の時だったと思うが、たまた
 ま百科事典で正しい箸の持ち方の図を見て、
 それまでの無知が恥ずかしくなり、すぐ持ち方
 を修正した。

  日本は、世界に誇れる「おもてなし」の文化
 があるのから、たとえば小学校で、礼儀作法の
 授業を取り入れて、日本人として身につけて
 おきたいことを訓練をすればいいと思う。

 そうすれば将来、礼儀作法が正しく身についた
 大人が増え、自分たちの子供に伝えていくシス
 テムが出来上がる。
 このようなことが本当の教育ではないだろうか。

  さて、くせ字はどうだろうか?箸の場合よりは
 ハードルは高そうだ。
 幼稚園や、小学校で、どの子も、よーいドンで字
 を学ぶ環境は同じだったはずだ。
 でも結果がなんでこんなに違ってくるのか。
 書き順は教えることはあっても、それぞれの文字
 をどのように書くとバランスよくきれいに見える
 か等には着目していない。

 そのようなポイントで先生や、親が指導していな
 いだろうし、要所要所でチェックするしくみがな
 いので、テキストの見本通りコピーできる子供と、
 コピーが苦手で、だんだん原理原則から離れて自
 己流になっていく子供とがいる。

 そのまま長い年数、慣れ親しんだ自己流を貫いて
 来た人にとっては、それを今更ペン習字のテキスト
 の見本の字のように治すのは、普通なら至難の業と
 思うだろう。

  ところが、私は基本的に楽観主義なので、本人の
 意思が強く、努力すれば「方法記憶」と言えども、
 癖字など数ヵ月で直るはずだと簡単に考えている。

 箸と違い、文字は日記や、自分のメモ、ノートの範
 囲で、自分だけで見返す場合は問題はないが、人と
 のコミュニケーションの手段として使う場合は、最
 低限その字が読めなければ、意思の疎通ができない。

 そのような字を書くのは、読む人に対して失礼だと
 認識すべきと考える。
 特にビジネスの場面で、字を使う方は、お客様のこ
 とを考え、きれいな字を書く訓練をしたほうがいい。

  大人同士だと、癖字だとわかっていても、気を遣
 って、「癖字だから直した方がいいよ」とは言って
 くれない。したがって癖字の人には、直すきっかけ
 が訪れない。
 千円も出せば、立派なペン字練習帳が買える。
 癖字を直したい人は、嘘だと思って、1~2ヵ月
 集中して正しい字を書くことを訓練することをお勧
 めする。必要性があれば、年齢は関係ない。

 箸の場合と同じだが、エクスキューズを言って実行
 に移さない人がいるだろうが、何故なのだろうか?
 お客様の立場を考えれば、どのような行動をすべき
 か「正解」はひとつしかないのだが。
 やれば必ず直る。自分の世界が変わる。
 やらなければ何も変わらない。

  くせ字に比べると、さらに高度なレベルになるだ
 ろうが、TVのドキュメンタリー番組等で、プロの
 アスリート、野球のピッチャー、スケートの選手、
 陸上選手等が、フォームを改造するのに猛練習する
 姿を目にする。

 それまで、そのフォームを身につけるのに、どれだ
 けの時間を費やしたか。
 今までのフォームに別れを告げ、新しいフォームに
 挑戦する意思と忍耐力を考えると気が遠くなるが、
 それが出来るのは、目的がはっきりとしているから
 だ。

 新しいフォームで成功体験している自分の姿が見え
 ているのだろう。エクスキューズせず、自分の成長
 につながることを積極的に取り入れ、努力する、
 それが真のプロの取るべき行動だ。
 

  少し脱線してしまったが、「方法記憶」とは何か
 を理解して、物事を学ぶと効率良く、効果的な結果
 が得られる。最初が肝心で、間違った考えや方法を
 身につけないことだ。

 そのためには、初心者の段階では、いい見本を真
 似、同じことが自然と出来るように何度も何度も
 繰り返し練習することだ。 
 その道のプロから要所要所でアドバイスをもらうと
 よい。
 わからないことがあればその場で理論的に説明して
 もらい、理解しながらすすめるとよい。
 練習量を増やしたのも、学んだことを出来るだけ
 記憶に定着させようとする考えからであった。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【8】充電期間( 整体ー体重圧 )

  練習量を増やした効果が徐々にあらわれ、ギクシ
 ャクしていた手技も少し自然に、滑らかに出来るよ
 うになってきた。
 その一方、講師からよく言われたのは、「肩が上
 がって腕に力が入り手押しになっている。もっと力
 を抜いて、リラックスして体重圧をかけるように」
 と。
 「腰が引けていて、体重圧が乗ってない」とも。
 しょっちゅう体重圧という言葉が出てくる。
 いったい体重圧とは何なのだろうか?

  例えば拇指(親指)で圧をかける際、腕の力と手
 の力だけで指先をコントロールすると、カツンとし
 た硬い棒で押されたようないやな感じを受ける。
 一方体重を腕に乗せ手に伝えるようにすると、拇指
 圧がじわ~とした気持ちのいい圧に感じられる。

 もし圧の強さを数値で測ると一緒かもしれないが、
 圧の質がまったく異なる。
 その違いが判らなければ、この2つのやり方をやっ
 てもらい、その違いを体感するといいだろう。
 人の施術を受けるのも大事な学習方法だ。
 体重圧は施術のあらゆる場面で活用する。
 また、体重圧を活用することによって施術者の腕や
 手(指)への負担が軽減される。

 施術をスポーツの競技とと考えればわかりやすいか
 もしれない。野球でも、テニスでも柔術でもそうだ
 が、自分のパワーを効率よく最大限に引き出す
 フォームをいろいろと試して研究する。ピッチャー
 であれば球の握り方、
 腕の振り、脚の位置、腰の回転等々かなりチェック
 するポイントがある。
 
 バッターならバットの重さ、握る位置、構え方、
 最短距離でボールをとらえる軌道、球を打つ位置、
 フォロースルー等。このように理論と実践を研究
 しながら学んでいけば、上達は早い。

  セラピストを目指す人は、早い段階で体重圧に
 ついて理解し、どのような場面でも自然に使いこ
 なせるようにしなければならない。
 これがマスターできていないとプロとは言えない。
 施術をしているフォームを見れば、体重圧がかかっ
 ているかどうか一目でわかる。
 
 悲観することはない。出来ていなければ、徹底的に
 何時間かけてでも身につくように努力すればいいだ
 けのことだ。正しく効果的な方法による正しい努力
 は必ず実を結ぶ。

 出来ないことを並べ立てエクスキューズをし、行動
 に移さない人は、上手くない施術をお客様に提供す
 ることになる。
 努力しないでプロになろうという考えは甘い。
 努力したくないなら、最初からプロになるのをあき
 らめた方がいい。
 どのような仕事でもプロとはそういうものだ。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【9】充電期間( 整体ー基礎チェック )

  基礎編の後半は、前半の半分の期間で、実技は
 1.5倍の回数受講した。
 すなわち前半の3倍の集中度だ。スタートしてほ
 ぼ3ヵ月。人の身体に触れることが習慣になり、
 飲みに行っても「筋肉」の話題で盛り上がる。
 周りの連中と足並みを合わせようと、基礎編の
 チェックの試験を申し込んだ

  6月18日。試験当日。試験官の講師がだれにな
 るのか、間際まで知らされない。
 普段の練習通りに施術すればいいのだが、やはり
 試験となると緊張する。
 予想していた講師とは違っていた。
 じたばたしても始まらないので、平常心で臨もう。
 自分では声掛けもし、施術もそれなりにできてい
 たと思ったが、思っていた点数より少し低かった。
 結果はフィードバックされた。講師に指摘されて
 初めてどの手技が出来てないかを認識した。反省。
 当日は3組同時に試験が行われ、仲間も全員合格
 した。結果はともかく、まずはめでたし。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【10】充電期間( 整体ー応用 )

  早速次の日、6月19日から応用段階に入った。
 「基礎」段階は基本動作をいつも安定したレベルで
 再現できることに注力した。
 今度は、「応用」という名称がついているので、
 より自分自身で考え、工夫することを求められて
 いるということだろうとな~と漠然と考えていた。

  やはり、応用段階では難しい手技が待ち構えてい
 た。基礎段階を簡単に通過した仲間も、応用段階で
 苦戦し始めた。
 次のステップに進んだのに、ゴールが遠ざかったよ
 うな気がした。
 コツがつかめず、悶々とした日々を送る。
 もともとストレス耐性は強いので
 この程度のことではへこたれないが、こうなったら
 長期戦の覚悟だ。

  うまくいく日と、いかない日がある。安定した技
 術が身についていない
 証拠だ。週3日~4日の無理のないペースで通った。
 焦りは禁物。
 コップに半分水が入っているのを見て、半分しか入っ
 ていないと思うか? 半分も入っていると思うか?
 と問われると、私は後者のポジティブ思考派だ。
 
 入学前はからだのしくみなど全く分からず、人の身体
 のあちこちを触れるなど想像もしなかったのが、3、
 4ヵ月でからだの構造が理解でき、いくつかの施術も
 出来るようになっているではないか。
 すごいと思う。自分を信じよう。

  練習に明け暮れ、7月、8月があっという間に過ぎ
 9月に入った。応用の手技も相当練習した。
 自分の中では、技の完成度がまだまだだと思っていた
 ので、引き続き部分練習をしたかったが、講師から応
 用の最終段階に進むようアドバイスがあった。

 最終段階は「組み立て」だ。組んだ相手からテーマを
 与えられる。「上半身」、「下半身」、「首、肩」、
 「腰」等々。言われた箇所を優先して自分の身につけ
 た技の引き出しから、適切な施術を行う。
 ただ機械的に行うのではなく、何故そのようなアプロ
 ーチをするか、聞かれたら理由を説明出来るぐらいで
 ないとだめだ。

  心の準備が必要なので、講師に気付かれないように
 逃げ回っていたが、そうもいかなくなり、9月9日か
 ら応用の最終段階に進むことになった。
 このころだろうか、サラリーマンの道を選べば、今ま
 での人生の延長線上。
 会社は変わり、仕事の内容も違うだろうが、変わり映
 えしない人生。整体師を職業にするのは、歳を考える
 とかなり無謀だと思うが、人生一度きり。
 さてどうするか?などと自問自答していた。

 「組み立て」の練習は、整体院でお客様に施術する際
 のシミュレーションだ。
 「組み立て」には見本がない。どのようにアプローチ
 するかはすべて自力で考えなければならない。
 不正解はあっても正解がない。卒業までに組み立ての
 授業は約100回受講した。
 1回の授業が通常1時間半、時々2時間なので、かな
 りの時間練習した。
 
 今考えると、この時の練習がセラピストとしての考え
 方や技術力を向上させるのに大変役立ったと思う。
 自分なりに工夫したことがある。相手は生徒だが、初
 めてのお客様と想定して、効果的なコミュニケーショ
 ンを心がけた。

  ところで、もともとこの学校の門をたたいたのは、
 タイ古式マッサージを学ぶのが主目的だった。
 整体は将来役に立つからとのことで、ここまでやって
 きたが、そろそろタイ古式も学び始めることにした。
 整体と並行して受講することにした。9月17日から、
 ベッドでも使うことが出来るタイ古式の抜粋コースを
 スタートした。このコースの主旨は、整体にタイ古式
 の手技を取り入れることにある。
  一般的に整体はストレッチの手技が少ないので、
 ストレッチの手技が増えれば、レベルアップする。
 すでに整体の授業で手、指、肘などの使い方は身につ
 いているので、順調にタイ古式マッサージの技を
 マスターしていった。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【11】充電期間
  ( 整体ーインターンシップ )

  整体の組み立て授業の10回目ぐらいで、講師か
 ら、インターンシップ制度を活用して、学校の直営店
 で修行してみないかと言われた。
 生徒のレベルアップを期待して講師が声を掛けてくれ
 たので、ありがたくチャレンジする意思を伝えた。

  お店で修行出来るレベルかどうかは、その講師を相
 手に施術をして判断される。試験は10月1日に行わ
 れた。組み立てに入って約3週間目だった。
 馴染みの講師だったので緊張はしなかった。
 実力以下でも、実力以上でもなくいつもの通りの施術
 を行った。
 普段の心がけ通り、相手に合わせた声掛け、コミュニ
 ケーションを心がけた。あっという間に施術が終わ
 り、施術中は全く緊張していなかったのに、講師が評
 価をまとめてフィードバックに戻ってくるまでの時間
 ドキドキした。

  想像を超えたいい評価だった。施術技術以外に、コ
 ミュニケーション能力を高く評価された。若い人に比
 べ、人生経験が豊富なので、話題の引き出しがあり、
 どのような年代層の方とも、自然と会話が出来る。
 積極的に話かけないほうがいいだろうという人も見極
 められる。
 
  デビュー初日は10月14日。
 その後11月末まで、学校での授業を優先し、週一
 回、日曜日だけお店で修行することになった。
 いよいよ、プロの卵として、実際のお店でお客様を
 施術する。

  お店での研修の目的は何か? ただお客様の数を
 こなして、施術に慣れましょうでは能がない。
 自分なりに課題を3つ設定した。
  ---------------------------------------------------
  ① 現場での業務の流れを把握、体験し仕事の
    理解を深める。
  ② お客様への施術を通じ、さらなる技術向上に
    つなげる。
  ③ 店舗経営またはスタッフ従事を想定し、各種
    ノウハウを学ぶ。
  ---------------------------------------------------

  いよいよ初日。スタッフからの説明があるので平
 日に訪れた。一通りスタッフの業務内容の説明を聞
 き、その日はまさかお客様への施術はしないかと思
 っていたが、早速お客様を施術するよう指示された。

 受付でお迎えし、施術を始めるまでの段取りで緊張
 したが、施術が始まるとすぐに落ち着いた。 
 その日は合計3人施術した。

 その四日後、研修2日目。日曜日でスタッフが少な
 目なので、何人も施術することになりそうだ。
 予想通り、インターバルがほとんどなく、7人施術
 し、正味合計400分。3~4人と予想していたが、
 7人とは…

 正直かなりエネルギー消費し、相当バテタ。帰りの
 電車で睡魔に襲われた。
 以前から、施術でどれぐらい体重が減るか試そうと
 思っていたので、この日試してみた。施術400分で
 体重は約2Kg減った。但し家に帰って大食いしたの
 で、次の日は元の体重に戻っていた。

  学校でタイ古式と整体の練習をすることを主軸に
 置いていたので、2ヵ月でわずか8日間の短い研修
 だったが、目的意識を持って臨んだので中身の濃い
 時間を過ごすことが出来た。

 施術したお客様の数は45人。平均して1日5~6
 人施術術出来たので、いい練習になった。
 はたして、施術の出来栄えはどうだっただろうか?
 管理者が施術場面に立ち会えるわけではないので、
 自己判断になるが、プロとしてデビューするスター
 トラインに立てたような気がした。

  施術をしている時以外何を考えていたか? 
 自分が、もし将来セラピストの立場でどこかのお店
 で働く場合の役割、店長やオーナーの役割、しくみ
 づくりを考えていた。

 サービス業なので、当然お客様の視点も含めて考え
 なければならない。
 実際のお店で研修しているので、いま目の前で起き
 ていること、日々起きていることは全て現実世界だ。
 学ぶ上でこれ以上の環境はない。
 8日間の研修で、自分なりに考え、店舗を構えたと
 きの仮説も出来た。

  研修に参加した後はレポートを提出するのが、学
 生としての義務だろう。
 お客様の来店動機の分析、施術内容の振り返り、改
 善提案等レポートにまとめ実習2回目終了後に中間
 報告、研修終了後に最終報告を行った。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【12】充電期間
    ( タイ古式マッサージ本科 )

  ところで、タイ古式マッサージの進捗はというと、
 ベッドでも使える抜粋コースを9月17日~10月
 30日の約1ヵ月半学び、終了した。 
 タイ古式も少なくとも整体同様のレベルまで持って
 いきたい気持ちが強くなっていったので、本格的な
 プロの養成コース「本科」のコースを追加で申し込
 んだ。

 整体とタイ古式の二つとも本科を申し込んだのは私
 が初めてと伺った。
 そのあと、それに刺激を受け、整体本科の生徒が
 タイ本科を申し込んだ。
 徹底的に学ぶとさらに半年から1年ぐらいかかるか
 もしれない。

  9月末の時点で会社を辞めて既に1年が経過して
 いた。最初に設定した充電期間はすでにオーバーし
 ている。人生寄り道もありかな?
 と自分の行っていることを正当化する。
 ここまで学校にべったりの生活パターンになってい
 るので、すでにサラリーマンになるコースは頭の中
 から消えていた。
 整体とタイ古式マッサージの二つの資格を持ったプ
 ロとしての道を進もうと、真剣に考え始めていた。
 

  タイ古式マッサージの『本科』には4つのクラス
 がある。初級、中級、上級、テクニカルだ。初級を
 10月30日にスタートし、早くも11月16日に
 試験に合格し、11月18日に終了した。

 早速その日から中級をスタートした。中級は手技の
 種類がかなり多い。一つ一つの技の完成度を上げた
 いので、講師によく質問し、見本を何度も見せても
 らった。タイ古式マッサージの本科の生徒の多くは、
 整体本科の生徒が多く、上手な連中が多い。

 お互い切磋琢磨して行こうという雰囲気があり、受
 け手になった時は、その手技がちゃんとできている
 かどうか、コメントし、アドバイスするなど、いい
 関係が築かれていた。
 年内までに、かなり集中して練習した。

  整体とタイ古式マッサージでは共通することも多
 いが、違いも多い。
 整体は一般的にベッドの上でうつ伏せになって主に
 身体の背面を施術する。もみほぐしの手技を得意と
 する。体重圧を意識して施術する。
 セラピストはベッドに寄りかかるが、上に乗ること
 はほとんどない。施術時間はクイックマッサージを
 除き50~60分程度が多い。ユニフォームは白衣が
 多い。

  タイ古式マッサージは施術前に足浴をするお店が
 多い。マットの上で、一般的には仰向けから始める。
 セラピストはうつ伏せのいくつかの手技では、お客
 様をまたいだフォームで施術する。手、腕(肘)
 以外にも膝や足裏等も使って施術する。

 リズムはかなりゆったりとしている。
 拇指(親指)はかなり寝かせて広い面積にして圧を
 かける。ストレッチ技がかなり多い。施術時間は90
 分~120分が多い。
 ユニフォームはタイパンツとTシャツが一般的。
 
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【13】起業準備
   ( 事業計画書、開業プラン )

  2010年が終わり、2011年を迎えた。会社を退職
 し1年3ヵ月。元旦から5日間、学校が休みなので、
 この間に今後の進路について方針を決めることにし
 た。

  2010年10月~11月に、インターンシップ制度お
 店の経験をして、整体のプロとしてやっていけそうな
 感触はつかんでいた。
 タイ古式マッサージはまだ中級の途中だが、集中して
 練習量を増やしているので、2月末までには上級を終
 わるだろう。

 一応上級まで終わればプロとしての手技が身に付くこ
 とになっているが、その後テクニカルで今までの総復
 習と、整体の組み立てに相当する考え方で3~4ヵ月
 プロになるための総仕上げをしよう。
 この時間軸で行くと、整体も、タイ古式マッサージも
 夏までにはプロとしての民間資格を取得し、プロデビ
 ューのスタートラインに立てると想定出来る。

  第二の人生の進路は…

   結論 → 「起業する(サロンを造る)」だ。

  迷いはない。決まれば実行あるのみ。早速準備に取
 り掛かろう。
 ただし、まだ具体的なプランが出来ていないので家族
 には話さないでおこう。

  さて、何から始めるか?
 充電期間中に得た、開業に関わる情報源は書籍、各種
 Web Site、開業セミナー等だ。
 改めて内容を見直し、To do リストを作ろう。
 書籍ジャンルは多岐に渡るが、1年3ヵ月で150冊
 ぐらい読んでいた。開業に関わる案件では下記のよう
 なテーマを扱った本が参考になる。
  --------------------------------------------
   ●起業のネタ(起業を考える際の着眼点)
   ●個人事業の始め方、手続き
     (公的機関への届出等)
   ●経理、会計(仕訳、財務三表)
   ●サロン、治療院、美容室などの開業例
     (違う業種も参考、ヒントに)
   ●物件探しのコツ
   ●店のネーミング、ブランド戦略、商標
   ●マッサージガイド
     (コース、料金設定なども参考)
   ●ホームページの作り方
   ●チラシ、パンフレットの作り方
   ●マーケティング戦略
   ●法律
  -------------------------------------------------

  まずは、事業計画書と起業(開業)プランの草案
 を作成することにした。
 どんなサロン(事業内容)、店舗規模(部屋数、
 スタッフ数等)、いつごろのオープンにするか?
 まずは下記の3項目を決めた。
  --------------------------------------------------
   ①タイ古式マッサージと整体をメインの手技
    とする。
   ②施術部屋は3~4部屋。 
    スタッフは自分を含めて最大3~4人。
   ③オープンは2011年12月まで。
    遅くとも2012年春まで。
  --------------------------------------------------


  年内オープンを前提として、大まかに下記の時間
 軸を決めた。かなりのハードスケジュールだが、
 集中して臨もう。サロンオープンが目的ではなく、
 セラピストとして、経営者としての理念をかなえる
 ための、インフラ整備なので、仕事がしやすいよう
 な施設、しくみを構築しよう。
  ----------------------------------------------------
  1月~4月 事業計画書、起業(開業)
        プラン策定、市場調査
  5月~8月 物件探し(最短のケース)、
        市場調査
  9月~10月 工事、備品調査
  11月    工事完了、備品設置、内覧会実施 
        (学校を卒業し整体、タイ古式とも
        民間資格取得)
  12月    オープン
  ----------------------------------------------------

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【14】起業準備
   ( 学習の移転、暗黙知 )

  サラリーマン時代に苦労して学んだことはいつま
 でも役に立つ。
 特に45歳から4年間従事した自動車関連部品の製
 造事業所の責任者と、49歳から約3年間従事した
 2つの事業部の技術系の責任者の時のマネジメント
 経験が役に立つ。

 製造事業所では、常に改善改革の毎日で、困難な課
 題にぶち当たっても、「出来そうもない」とか
 「難しい」などというネガティブな言葉を発せず、
 「試してみましょう」、「なんとか工夫してみまし
 ょう」といったポジティブな会話が当たり前だった。
 そんな環境だとポジティブ発想の社員が育つ。
 
 技術系では、お客様をお迎えして、技術的なデモン
 ストレーションをする施設を二つ立ち上げ、コンセ
 プト策定、マーケティングプラン策定、設備設計、
 付帯設備、ビジネス貢献の数値的効果測定、顧客管
 理等で工夫した経験が役に立つ。業種が違えども考
 え方、進め方は応用できる。このことを脳科学的
 に「学習の転移」と呼ぶ。ある行動の学習が、その
 後の異なる学習に影響を与えることだ。 
 整体がうまくなれば、タイ古式マッサージも上手く
 なるというのもこの「学習の転移」のメリットだ。

  人生いろいろな経験をしておくと、どのような場
 面でも応用が効く。
 その経験は失敗して、苦しんで、苦労して、工夫し
 て成功したというプロセスを経ていると『暗黙知』
 (経験や勘に基づく知識)も育ち、新しい発想、創
 造性の発揮が期待できる。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【15】起業準備
  ( タイ古式マッサージー中級、体重圧 )

  1月6日、7日、8日と連続して通学し、タイ古式
 と整体の実技に臨んだ。
 年末12月30日から1週間ぶりの施術だ。
 1週間も施術をしないと気持ちも、身体も施術をし
 たがっている。不思議なものだ。
 タイ古式マッサージの中級は、覚える手技がかなり
 多い。ここで学んだ手技をマスターすれば、初級と
 合せて90分位の施術が十分にこなせるだろう。

  ストレッチの手技で意識することは、相手の身体
 の扱い方、身体の状態の見極め、効果的なストレッ
 チの程度の判断などである。
 
  身体の構造(特に関節周り)を理解して、丁寧に
 身体を扱う。
 触れたり、動かしたりした時に筋肉が硬いか、柔ら
 かいか?張っていないか?
 ストレッチしながら、どこまで伸ばせば、可動域を
 広げることが出来るか?を瞬時に判断する。

 可動域の範囲内の不十分な(もの足りない)ストレ
 ッチだと、ストレッチの意味をなさず、気持ちもよ
 くない。伸ばしすぎると痛かったり、怪我につなが
 る危険性がある。
 可動域を適度に広げられるような、気持ちのいいス
 トレッチが自然と出来るようにしたい。
 

  また、整体と同様、体重圧が重要だ。整体と違い、
 両膝を曲げて、中腰の姿勢で前に寄りかかって手で
 圧をかけたり、片膝を立てて、中腰のフォームにな
 ったりするが、どの姿勢であっても、気持ちのいい
 体重圧をかけられるようにしなければならない。 
 女性の方でタイ古式マッサージのセラピストを目指
 している方へのアドバイスとしては、気持ちのいい、
 しっかりとした体重圧を掛けられるよう徹底的に練
 習するといいということだ。

  女性は一般的に男性に比べて指が細く、手も小さ
 いので、拇指圧を手押しで行うと少し硬めに感じら
 れる。それを気持ちのいい圧と感じてもらうように
 するにはどうするか? 手押しではなく、体重圧を
 活用することだ。じわっ~と余韻の残る気持ちのい
 い圧に生まれ変わる。

 以前も述べたが、自分でしっかりとした体重圧をか
 けることが出来ていると認識出来ていないなら、す
 ぐにでも上手な人に見てもらって改善すべきだ。
 体重圧を理解し、自在に操ることが出来れば、セラ
 ピストとしてのレベルが格段に上がる。上手くなる
 ことで、お客様へのサービスを向上できる。
 サービス業がお客様に提供できる「品質」だ。

  中級コースの練習で意識したことは3つある。
  ----------------------------------------------------
   ①一つ一つの手技を覚え、完成度を高めること
   ②技と技のつなぎをスムーズにすること
   ③時間配分を自在にコントロールできること
  --------------------------------------------------- 
 何を学ぶ時にも言えることだが、目的意識を持って
 学ぶかどうかで上達度が変わる。
 特に③の時間管理は、意識して練習しておかないと
 プロになって困るだろう。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【16】起業準備
   ( タイ古式マッサージー中級・実技試験)

  中級コースの実技試験の日程が1月18日に決ま
 った。スタートしたのが11月18日なので、約2
 ヵ月。実技授業は72回受講。
 充分すぎるほどの練習量だ。
 試験の制限時間は60分。どのような手技、流れで
 行うかは、自分で考えなければならない。 
 実は中級の授業では、手技の構成と施術時間を考え
 ながら練習を行っていたので、制限時間が何分でも、
 どのように組み立てればいいかは簡単に想定出来る。
 60分の構成はシミュレーション済みだ。
 後はタイ古式マッサージの特徴を発揮できるよう落
 ち着いて施術するだけだ。

  60分は結構長く感じられた。
 順番をこなすのに意識が行き、施術をしたという満
 足感は少し足りなかったかもしれない。
 最後に時間を気にして、一部の手技を、若干早めの
 スピードで行ってしまった。
 結果は合格だったが、平凡な点数だった。

 講師のフィードバックがあった。いくつかの手技で、
 まだ自分でもしっくり来ていない部分が、やはり指
 摘された。また、スピードが早くなった手技は本来
 はじわ~と圧が気持ちいいはずが、そうではなかっ
 たとのこと。流石に見抜かれていた。脱帽だ。
 指摘されたことを、上級クラスで改善することにし
 よう。

  上級クラスは1月20日にスタートした。
 頑張ろう。

  1月21日はタイ科の新年会を行った。
 会社時代、幹事を数多くこなしたので、旗振りをし
 た。プロのセラピストを目指している連中がほとん
 どなので気持ちが通じ合う。 
 年代層も広いが、久々にリラックスできた。
 この交友関係はいつまでも続けたいと思った。 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【17】起業準備
   ( プライベートのイベント)

  2月はプライベートなイベントがいくつかあった。
 2月6日は囲碁の対局があった。
 高校時代の囲碁同好会の同期に誘われて、出身校と
 よくスポーツや文化交流した高校のOB(50歳代
 ~80歳代)との対抗試合があり、参加しないかと
 誘われた。久々にその友人にも会いたいので、参加
 することにした。

 会社時代は、あるグループ企業の対抗戦(5人1チ
 ームの団体戦)で囲碁部のキャプテンとして出場し
 ていた。アマ6段ぐらいの実力だった。
 その当時も仕事が忙しく、なかなか時間が取れず、
 碁石に触れるのは年に2日だけ。
 まして、退職してからすっかり囲碁と触れ合ってい
 なかったので、いい対局が出来るわけがない。
 確か一勝一敗だった。

  実戦から遠ざかると何が問題か。
 簡単な場面でも、当たり前の手が打てなくなること
 だ。もし正解の手が打てたとしても、瞬時の判断で
 はなく、考えるのに時間がかかる。
 また、形勢判断が甘く、本当は劣性で、そのタイミ
 ングで戦わなければならない状況があったとしても、
 先が読めず、失敗を恐れて弱腰になって相手の勢い
 に押されてしまい、どんどん損をかさねてしまう。

 どの競技でもそうだが、実戦から遠ざかると、勝負
 勘が失われていく。
 今までかなり鍛えていれば、脳がそれを覚えていて、
 練習を再開すれば、少しずつ勝負勘は戻ってくるが、
 年を重ねると、時間がかかるのを痛感する。

  2月14日は学校の卒業生が開業したお店を訪問し
 た。施術を受けることが一番の開業祝いと思い、1人
 生徒を誘い、2人で伺った。
 都心のオフィス街に構えたお店である。
 肩周りが凝っていたので、整体を受けた。
 施術をしてくれたのも、かなり前に同じ学校を卒業し
 た方で、受けながら学校で習っている手技と同じだ
 な~と思いながらウトウトとしていた。
 オフィス街なので、平日は会社帰りのサラリーマンや
 OLが多いだろうが、土日、祝日の集客はどうなんだ
 ろう?などとお店の立地条件を考えていた。
  
  その後は、学校の生徒がアルバイトをしている飲食
 店に行った。他の生徒と待ち合わせをして5人で食事
 をした。食事の後、お店を出たら、大雪で一面が雪景
 色で驚いた。

  タイ古式も卒業の要件として、学科試験の合格が必
 要となる。早い段階で試験を受けしまおうと思い、2
 月23日に試験に臨んだ。
 中学校でよく試験前に作った暗記カードが有効だっ
 た。勿論合格した。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【18】起業準備( サロン調査)

  学校での実技の授業と並行して、起業の準備を進め
 た。まず、どのようなサロンにするかのイメージ作り
 のヒントを得るため、サロンを5~6軒ほど訪れ施術を
 受けた。リラックスするためではない。
 市場調査が目的だ。物件探しの予行演習にもなる。

 調査項目は多岐にわたるが、下記に一例を紹介する。
  ---------------------------------------------- 
   ①Web Site (ホームページ)でのサロン紹介
     内容、メニュー、料金体系
   ②予約時のスタッフの電話応対
   ③立地条件 (沿線、駅からのアクセス) 
     地図のわかりやすさ
   ④階層。路面? 
     2F以上でエレベーターがある場合の利用の
     しやすさ。
   ⑤外装、看板、イーゼル等
     (デジカメで写真を撮っておくとよい)

   ⑥パンフレット
   ⑦入口ドアの仕様(ガラス張りかどうか?)
     自動ドア?
   ⑧受付、待合室の雰囲気
   ⑨化粧室(トイレ)の仕様、清潔感の有無
   ⑩スタッフの応対
    (カウンセリングシートの記入、
     インタビュー等)

   ⑪スタッフのユニフォーム
   ⑫施術部屋へのアクセス、廊下の幅
   ⑬施術部屋の仕様 (サイズ、内装、照明、
      空調、ドア、カーテン)
   ⑭マット、枕、上掛けタオル等の仕様
   ⑮着替え(Tシャツ、パンツ等の仕様)

   ⑯足浴の方法
   ⑰セラピストの施術技術、
     コミュニケーション能力
   ⑱ドリンクサービス
   ⑲音楽(施術中に流している音楽)
   ⑳ショップカード、ポイントカード 等々
  --------------------------------------------
 
  時々瞑想状態に陥ってウトウトしてもいいが、市
 場調査が目的なので、少しは目を覚まして、スタッ
 フにインタビューするなど当初の目的を達成しよう。
 イメージだけで良いか、悪いかの判断をせず、まず
 は客観的に事実を見る。

 調査が終わったら情報を整理しよう。後々、物件調
 査、店舗設計、メニュー作成、備品購入、店舗運営
 などのヒントとなる。オリジナリティーを発揮する
 ためにも、いろいろな店舗をベンチマークしておき
 たいのだ。
 
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【19】起業準備( 屋号検討)

  実は、かなり早めに検討しなければならないもの
 がある。『屋号』だ。サロンの顔でもある『お店の
 名前』である。慎重に決めたい。

 これも市場調査、分析をしてみよう。まずは同業種。
 整体、タイ古式マッサージ、各種美容サロン。
 マッサージガイドやWeb Site でサロン名をチェック
 した。また異業種で、はやっているお店の名前もチェ
 ックした。

 カタカナ、英語(造語もあり)が圧倒的に多い。
 ひらがな、漢字は少数派。検討段階では、あまり制限
 をつけず自由に考えるが、最終的に下記の2つの条件
 を満たす名前を優先させたい。

   ① 柔らかいイメージの「ひらがな」か
    「漢字」にする。
   ② 文字数が少なくて、読みやすく、印象に残
     り、思い出しやすいこと。

 メモ帳を常に持ち歩き、どこにいてもキーワードや
 名前がひらめいたら、すぐメモった。
 40~50個思いついた。少し寝かせて、何度か見直し
 絞りこみの作業をすることにしよう。
  

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【20】起業準備
( タイ古式マッサージ、上級、テクニカルコース)

  上級クラスの練習も中級で掲げたテーマを踏襲し
 た。2月25日に実技試験があった。この時は全く
 緊張せず、楽しみながら施術をすることが出来た。
 やっと高得点が取れた。指摘事項もすぐ改善できる
 内容だったので、満足感があった。

 「本科」はもう一つテクニカルコースがあるが、
 実技試験は上級までなので、実質「本科」の実技試
 験はすべて終了したことになる。
 学科試験は既に合格しているので、これで卒業の要
 件をクリヤーした。

  早速次の日、2月26日からテクニカルコースを
 始めた。何コマでも受けていいので、とにかく徹底
 的に練習した。
 10月21日まで約8ヵ月間、テクニカルコースだ
 けで164回実技の授業を受けた。
 アスリートと同様、練習の質も大事だが、練習量が
 ものを言う。下記の課題を設定した。
 お店での施術を意識したものだ。
  ------------------------------------------------- 
  ①いろいろな手技のバリエーションでの構成を
   シミュレーションし、時間とお客様のリクエ
   ストの条件に対して、対応できるようにする。
  ②もみほぐし、ストレッチの技術の質をさらに高
   める。
    (一つ一つの手技を改めて見直し、よりいい
     方法を模索する)
   ③自分の技術の特徴を見極める。
    (売りに出来る技術は何か?)
  -------------------------------------------------

 3月、4月はTo do リストに基づくと、下記の作業
 を進める予定だ。整体とタイ古式マッサージの授業
 は若干回数を少な目にした。
  --------------------------------------------------
  ~4月 
 ●事業計画書、起業(開業)プラン策定、市場調査
 ●整体実技(週1回程度、タイ古式優先)
 ●タイ古式マッサージ実技(週5~6回程度)
  ----------------------------------------------------

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【21】東日本大震災

  3月11日(金)14:46分 
  東日本大震災発生。

 タイ古式マッサージの実技の授業中だった。私は
 施術を受けていたので仰向けに寝ている状態だった。
 ふわっ~と揺れたので、生徒の一人が「揺れている」
 と大声を出し、窓際に行き、窓を開けた。
 「周りが揺れているぞ」の声を聴く間もなく、かなり
 揺れが大きくなった。

 すぐ近くに整体のベッドがあるので、一目散にベッド
 の下にもぐりこんだ。今までに経験したことのない気
 持ちの悪い大きな揺れだ。
 正直恐怖感を覚えた。早く収まってくれと祈った。
 いったいどれぐらいの時間揺れたのだろうか。
 何時間にも思えた。やっと揺れが収まった。

 上の階から1階に下りると受付付近のドアのガラスに
 ヒビが入っていた。
 学校に来ていた生徒も茫然自失といった状態だった。
 誰もけが人がなく良かった。

  勿論授業は中断し、帰宅するよう指示が出た。
 一緒に授業を受けていたタイ科の生徒7~8人で近く
 の日比谷公園に避難することにした。
 避難の人達であふれかえっていた。
 尋常ではない光景だ。

 会社員だろうか? 白のヘルメットを着用している。
 防災用に常備しているのだろう。
 あちこちで携帯、スマホで家族や仕事先に連絡をして
 いる。繋がらないという声もあちこちで出ている。
 私は娘と妻の安否をすぐ確認出来、まずは一安心。

  しばらくすると、集団のまとまりがバラケ始めた。
 職場に戻り始める人、駅に様子を見に行く人。電車
 は安全確認のため動いていないと想定できたが、
 とりあえずJR新橋駅に向かった。電車がホームに
 たたずんで、微動だにしない。
 しばらくは見通しが立たないとの案内だった。

  もう夕方、暗くなって来ていた。とにかく、どこ
 でもいいので座る場所が欲しくて、また、腹ごしら
 えの出来る所を探した。その前に、携帯の充電器を
 買った方がいいだろうとのことで、コンビニ5~6
 件に立ち寄ったが、すでに売り切れていた。
 考えることは皆同じだ。

  食べるところも徐々に埋まり、混んで来ていた。
 人数が多いので、手ごろなお店にすることにした。
 座りたかったのは身体が疲れているというより、味
 わったことのない体験で、精神的に参っていたから
 だと思う。

 テレビで東北各地の震災の場面を目の当たりにして、
 とても今現実に起きていることとは信じたくなかった。
 心が痛んだ。
 みんなの顔に悲壮感、そして沈黙がただよった。
 今こうして生きていることの幸せをかみしめていた。

  3時間ほどいただろうか。
 電車は今日はもう動かない。遠くても歩いて帰るこ
 との出来る生徒は、帰路についた。
 私はとても歩いて帰ることの出来る距離ではないの
 で、別のお店に移動することにした。
 腹ごしらえは出来たので、椅子でいいので、朝まで
 仮眠させてもらえるお店ならどこでもいい。

 駅前にワインバーを見つけた。もちろんワインを飲
 むつもりはない。温かいソフトドリンクが飲めれば
 いい。なければお水だけでいい。
 そのお店の好意で、朝まで居させてもらうことが出
 来た。感謝している。

  朝10時頃、新橋駅を見に行った。開通の目途が
 立ち、新宿駅までたどり着いた。
 新宿駅から京王線を使うが、改札口前は人の波。
 やむを得ず、小田急線で途中まで行き、京王線に乗
 り継ぐルートに切り替えた。

 14:00ごろ家に着くことができた。
 そこから床に就き熟睡した。
 改めて生きていることの幸せ、布団で寝られること
 の幸せをかみしめていた。

  緊急事態が発生した時、何をすべきか?
 あらゆるケースを想定して、準備するしくみをクラ
 イシスマネジメントと言う。文書化してしくみを作
 っても、その通り実践できるかどうか、よほど何度
 もマニュアルを理解し、決められた手順で訓練し、
 見直し、メンテナンスしないと機能しない。

 所属する組織において、旗振りの一部の人だけがし
 くみをよく知っていても、構成するメンバー一人
 一人まで落とし込んでいないと、上手くいかない。
 大事なことは一人一人の意識だと思う。
 上から言われたからやるという考えではダメだ。
 自分の事として捉えて、真剣に行動しなければなら
 ない。今回の震災では多くの人が共通する経験した
 ので、防災の話題について他人事と思う人は少ない
 と思う。

 家族という小さな組織から大きな会社の組織まで、
 もし何かあったら、どのような行動をするか、普段
 から話し合い、優先事項を決めておくとよい。
 電子情報に頼りすぎている管理方法も、それだけに
 頼っていいのか見直したほうがいい。いざという時
 にアナログの情報が役立つこともある。  

  以前、静岡県に住んでいたので、県民は防災意識
 が高い。家には緊急避難のグッズを積み込んだリュ
 ックサックを家族人数分持っていた。何かあっても
 ライフラインの一部が復旧するまでの3日間ぐらい
 はしのげるよう、水と食料を常備しておくと良い。

 企業などの大きい組織で自動販売機を設置している
 のなら災害対応型の自動販売機の検討をするとよい。
 ペットボトルの水やお茶の保管庫の代わりになるの
 で、緊急用の飲料水の保管場所に困っているなら検
 討してはどうだろうか。

  震災の影響で、学校はしばらく休校となった。
 3月22日に授業が再開した。11日ぶりにタイ古
 式の施術をした。
 余震が続いていた。 
 地震がなくても時々身体が揺れるように感じること
 がある。しばらくそれがくせになった。 

 毎日、災害関係の報道を目にして心が痛む。
 だからと言って目を背けてはならない。直視して、
 一人一人がこのことについて考えよう。

  退職の次の月から、再就職支援会社に1年半お世
 話になって来た。
 毎月1~2回、約1時間、担当の方との面談をし、
 応募したい企業があるかどうか?
 自己啓発で行っていることの進捗の確認、その他就
 活に有用な情報の提供をしてもらったりした。

 各種セミナーも紹介してもらい、履歴書の書き方、
 面接対応、PCセミナー起業セミナー等に参加させ
 てもらった。
 流石に、その道のプロの話は面白いし、参考になる。
 久しくこのようなセミナーに出席していないので、
 脳が活性化され、新鮮な気持ちになった。

  しばらくは起業することは考えていなかったので、
 問題はなかったが、本来は、起業以外の就職につい
 てのサポートをしてもらうのが目的なので、企業へ
 の就職の道を選択肢から外した以上、在籍するわけ
 にはいかなくなった。

 3月30日に契約解除の手続きをした。 
 これで、強力なバックアップ体制がなくなったので、
 あとは起業に向けて突き進むだけだ。
 
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【22】起業準備( 物件探し開始 )

  4月の課題は事業計画書、起業(開業)プラン策
 定だが、4月初旬には、たたき台が完成した。 
 整体とタイ古式マッサージの両方ともメニューに組
 み込んだサロンで、広さは60㎡、施術部屋3部屋、
 路面店、駅から10分以内、駐車場不要等の条件を
 取りまとめた。

 京王線沿線に住んでいたので、京王線の急行が止ま
 る駅を優先して探したい。
 通勤時間が短い方がいいので、最寄駅から近い所を
 優先させたい。
 
  開業本によると、店舗づくりで一番時間がかかる
 のが物件探しで、半年、一年は当たり前のようだ。
 物件が決まらないと、先に進めない。

 すべて希望する条件を満たす物件などあり得ないの
 で、この条件だけは譲れないといった、条件の優先
 順位を付けておいた方がいい。例えば路面店が理想
 だが、二階以上でも専用階段で、お客様のアクセス
 が特に問題なければOKといったようなことだ。

  物件を探し、内見するためには、いくつかの方法
 がある。私が行ったアプローチは下記の3つ。
  ---------------------------------------------------
  ①不動産業者に出向き、希望要件を伝え、物件を
   紹介してもらう。
  ②自分で探し回り、テナント物件を見つけたら、
   そこに表示している連絡先に電話し、話を進め
   る。
  ③ネットで公開されている物件から探し、取扱業
   者に連絡する。
  ---------------------------------------------------

  4月8日。
 手始めに、最寄駅付近の不動産業者(A)のショッ
 プに出向いた。過去、サロン用の物件を紹介したこ
 とがないとの事だったが、内外装はその業者が手掛
 けるわけではないので、希望エリア、駅からの距離、
 物件の広さ、階層など、わかりやすい条件を説明し
 た。4月中か、5月ゴールデンウイーク明けにどこ
 か内見したい旨依頼して、連絡を待つことにした。

  4月は、元の会社の集まりが3回あった。OB,
 同期、その他の集まり。
 整体師、タイ古式マッサージ師のプロを目指してい
 るとの近況報告に皆唖然としていた。
 つい一年半ほど前には、同じサラリーマンだったの
 だからビックリするのも無理もない。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【23】起業準備
   ( 物件探し 内見No.1&No.2 )

  4月末に不動産業者から、連絡があった。希望の
 京王線沿線で2ヶ所候補の物件が見つかり、5月6
 日に内見することになった。広さ50~60㎡の希望に
 対して、一ヶ所は35㎡。条件から程遠く、かなり狭
 い。当然却下だが、物件探しの練習のため見せても
 らう。もう一ヶ所は約49㎡。ギリギリだ。両方とも
 駅から徒歩10分。

  当日は駅から徒歩ではなく、車で移動するとのこ
 と。いきなり案内されて、ちょこちょこっと見て、
 判断を求められても困る。じっくりと考えたい。
 事前に物件情報はもらっていたので、ゴールデンウ
 イーク中に、何度かその物件を自分の足と目で調査
 しに行った。

  部屋には入れないので、部屋の中以外の項目を
 チェックすることにした。
  (曜日、時間帯、天候などの条件の影響も考慮)
  --------------------------------------------
   ・京王線希望駅の乗降客数  
     → ネットで調べられる。
   ・駅近辺の施設、にぎわい 
     → 活気のあるエリアかどうか?
   ・駅からの交通機関 → タクシー、バス等
   ・駅からの距離 
     → 徒歩何分か?複数ルート、
       実際に歩いて測定。
   ・駅から物件までの交差点、信号機の数
   ・物件までのアクセス方法
   ・物件付近の人通り、車の交通量。
   ・物件の視認性
   ・周りの環境 
    (住宅街、店舗、大型施設、その他)等々
  --------------------------------------------------
  駅を降りてから、物件まで歩いてみる。条件に
 徒歩10分以内としたが、10分はかなり遠い。
 HPや、フリーペーパーで、来店するつもりのお
 客様は問題ないが、駅から離れれば離れるほど、
 店舗の近所に住んでいる人しか存在に気が付かな
 い事になる。隠れ処として、人気になり、口コミ
 で広がれば別だろうが、いきなりそれは期待でき
 ない。徒歩10分は5分以内に変更だ。

 2件のうち、35㎡の方は断った。49㎡の方は何日
 か考えさせて欲しいと伝えた。駅から徒歩10分は
 遠いが、近所が住宅街で、年代層とかも想定し、
 集客はありそうな気がした。
 フローリングはきれいなまま、路面で、ガラス張
 り、入口の雰囲気は良かった。

 



  図面をもらって、行っておきたい作業がある。
 レイアウトの検討だ。
 下記の要素をどのように配置するか?
  ----------------------------------------------
   ・店舗の出入り口のスペース
   ・受付カウンター
   ・待合室
   ・スタッフルーム(PCデスク、机、椅子)
   ・施術部屋(最大2mx3mとした)
   ・化粧室(洋式、ウォシュレット必須)
   ・廊下(施術部屋の出入り口、化粧室前の
     スペース)
   ・水回り(流し、洗濯機置き場)
  ---------------------------------------------
 化粧室や、水回りの位置は制約がありそうだが、
 その他は自由度がある。最初は手間取ったが、慣
 れてくるとそれほど難しくはない。

 押さえておいて欲しいという物件は、既に借り手
 がいてあきらめてほしいとの連絡があった。
 実はその不動産業者の直接扱っている物件ではな
 く、複数業者にまたがる物件で、借主がおおもと
 の管理会社に頼んでOKをもらったとのこと。

 当日見に行った物件が、すでに借主がついていた
 なんて、寝耳に水だ
 が、怒ってもどうしようもない。完全にその会社
 の担当者のミスである。
 複数業者がまたがる場合は、会社同士の連絡ミス
 でこのようなことが起きる可能性があるので要注
 意だ。

 まあ、物件探しのデビューでハプニングだが、
 物件探しのいい練習となったというメリットがあ
 ったので良しとしよう。
 今回の事は大目にみて、またいい物件があったら
 連絡をもらうようにした。

  ただし、この方法だと、あまりにも受動的で、
 時間がかかる。
 ゴールデンウイーク中に、物件探しに出かけた。
 同じ駅だが、もう少し駅に近いところにテナント
 募集の物件を見つけた。駅から徒歩7分。63㎡、
 路面店、ガラス張り。取扱い業者(B)の連絡先
 が書いてあったので、電話をし、5月19日に内
 見させてもらうことになった。
 物件情報はネットでも公開してあったので、事前
 にレイアウトの検討をしておいた。

  店舗が決まれば、いずれ実用的な小物類、イン
 テリア等も必要になる。
 アジアングッズを取り扱っているお店をあちこち
 見て、少しずつそろえるようにした。
 間際で焦って探すと、そこそこのもので妥協する
 ことになるだろうから今がチャンスだ。

 灯台下暗しで、家の近くにアジアン雑貨のショッ
 プがあった。5月7日に立ち寄った。 
 とりあえず何点か購入した。まだそろえたいもの
 があったが、日を改めることにした。
 

    (カレンダー)     

    (おしぼり受け)

    (ハンガー)         

    (小物入れ)



   (施術部屋用の鏡)  

   (Welcome ボード)

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【24】起業準備
  ( 物件探し 内見No.3 )

  その間、最初の業者Aから、京王線沿線で急行の
 停まる駅にある物件を紹
 介された。路面ではなく、2階。駅から徒歩5分。
 64㎡。その時はかなり路面店にこだわっていたが、
 場合によっては将来的に優先順位を見直すかも、知
 れず、勉強しておいた方がいいかと思い、見せても
 らうことにした。

 内見は5月17日に決まった。物件情報を事前にも
 らったので、下見をしに行った。
 ついでにその付近をあちこち歩き回り、テナント物
 件の募集の確認も怠らなかった。

  駅から徒歩5分は便利で、部屋も数字以上に広い
 感じがした。但し問題が二つあった。
 一つは入口の扉がガラス張りではなく、マンション
 の鉄の扉。入口から中が見えないことだ。
 特に女性のお客様の場合、入口から中の様子が見ら
 れなければ、不安で敬遠してしまう可能性が大きい。

 もう一つはそのエリアは住宅もかなりあるが、駅の
 周りはオフィス街。 オフィス街の場合はサラリー
 マン、OLの会社帰りの時間帯に集客があるが、土
 日は見込めない。
 住宅街の場合は土日が見込める。 
 もともとオフィス街よりは住宅街での開業を計画し
 ているので、その点が引っ掛かる。結果は断念した。
 一番の理由は扉の仕様 がガラス張りではないことだ。
 
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 
【25】起業準備
  ( 物件探し 内見No.4 )

  5月19日。業者Bの事務所に伺った。
 物件(駅から徒歩5分、63㎡)はその事務所から
 目と鼻の先にある。
 ある会社の事務所として使っていたとのことだ。
 駐車場1台分が無料。
 店舗の左右にきれいな店舗があり、集客には有利そ
 うだ。

  一つ想定していないことがあった。なんと、入口
 から3mぐらいのところから奥に段差がある。
 図面にはそんなことは書かれていない。スケールを
 持ち出し、その場で、レイアウトを考える。 

 入口入ってすぐに施術部屋を一つ設け、段差は壁で
 仕切る。奥のもう一部屋に行く時に段差は危ないの
 で、スロープにするなど、工夫すれば何とかなりそ
 うだ。正式図面をもらったので、持ち帰ってレイア
 ウトを再検討することにした。

 2日後に再度訪問することにした。貸主にどのよう
 な店舗が入るのか説明を求められたので当方の素性
 と開業プランをまとめた資料を提出するのが目的だ。
 直接その貸主に説明ではなく、業者Bから説明する
 とのこと。
 直接だと断る場合、後味が悪くなるからのようだ。 

  数日後、業者Bから連絡をもらった。結果は貸主
 が拒否したとのこと。学習塾ならいいが、整体など
 のサロンはいやだのこと。正直むっとしたが、これ
 ばかりは嗜好の問題でやむを得ない。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【26】起業準備
   ( 物件探し 内見No.5 )

  内見を4回こなした。内見は目的ではないが、物
 件探しのノウハウが身につく。物件に求める条件も
 整理され、また事業計画書、開業プランもそのたび
 にアップデートされていく。

 あちこち歩き回っていたら、内見No.1,2,4のある駅
 周りで、良さそうなテナントの募集を見つけた。
 直接取り扱っている業者は都心の業者だが、以前、
 自分の住まい探しでお世話になった不動産業者(C)
 が仲介できるとのこと。
 事前に資料をもらいに出向くと、担当は面識のある
 方で、6月3日に内見させてもらうことになった。

  駅から徒歩4分。60㎡、1Fガラス張り。
 バス通りの広い道路に面している。
 大きな看板も出せ、視認性抜群。賃料以外に管理費
 なし、保証金がたったの2ヵ月。
 かなり理想の条件だ。レイアウト作成の精度を上げ
 るため、メジャーで各所の寸法を測った。

 その時点で他に申し込みがないことを確認した。
 仮押さえしてもらうことにした。
 今まで見た4物件よりもすべての点で勝っていたの
 で、ここで決めてもいいと思った。

  話を一歩進めたかったので、品質、料金もサービ
 スの良いリフォーム業者を紹介してもらった。
 3日後の6月6日に、現地で打ち合せをさせてもら
 うことになった。

  6月6日、リフォーム業者の工事責任者(男性)
 と営業担当者(女性)と打ち合せをした。
 実は、そのお二人に会った瞬間何かが違うな?と感
 じた。本物の笑顔だ。
 こんないい感じの業者さんは珍しい。
 自分で考えたレイアウトのラフなスケッチを見せ、
 要望を伝えた。施術部屋は3部屋、化粧室入口の段
 差をどうすればいいか?、エアコンは古そうなので
 どうすればいいかなども確認項目だ。

 工事責任者の方は整体院に行ったことがあるので、
 入口からカウンターまでのスペース、部屋の間取り
 や、通路の広さ等々、話が通じる。
 営業担当の方も、提案型で積極的だ。
 ほぼこの物件で手を打とうと考えていたので、リフ
 ォーム工事の概算見積もり を頼んだ。2日後にメ
 ールで図面と概算見積書が届いたのでびっくりした。
 なんとフットワークの良い会社なんだろうと感心し
 た。

  リフォーム会社との打ち合わせを終え、不動産業
 者Cと契約を前提に、今後の進め方について打ち合
 せをした。改めて次の日6月7日に契約に関わる必
 要事項の説明を聞くことになった。
 契約関係の書類を一式受け取り、早速、店舗専用の
 預金口座の開設、住民票の入手等を行った。

 6月9日に不動産業者Cに出向き、契約に必要な手
 続きをし、この物件の直接の管理会社からの審査の
 連絡を待つことにした。
 最初に整体関係のサロンはOKとの返事はもらって
 いたし、自己資金もあるし断られる理由はないと踏
 んでいた。

  契約はまだ最終OKではないが、決まれば、すぐ
 に工事に取り掛からないと何もしない期間があると、
 家賃費用が無駄になる。6月11日、リフォーム会
 社に出向き、打ち合せを始めることにした。床、壁、
 天井の内装材、窓のブラインド等カタログを見せて
 もらった。もう少し大きいもので、さらにイメージ
 をつかみたいのであれば、新宿、銀座に、それらの
 メーカーのショールームがあるとのことで、次の週
 に行くことにした。

  前回から一週間後、6月16日に不動産業者Cか
 ら審査結果の電話が来た。
 当該物件の管理会社から「審査NG」の回答があっ
 たとの事。。。
 耳を疑った。いったい何が起こったのか !!

  なんと、物件を横取りされた。
 私が申し込んだときは他に申し込みがないと聞いて
 おり、大元の管理会社からOKをもらえたから指示
 された契約の手続きをしていたのに、信じられない。
 実は、借主は治療系の同業者で駅近の物件を探して
 おり、公開されている家賃より高い金額を出すから
 といって裏で交渉したとのこと。
 手段を選ばずとはこのことだ。
 貸主はそれに魅了されたのだろうか。

 いろいろと親身になって対応してくれる不動産業者
 Cの私の担当者も怒り心頭で、その管理会社にクレ
 ームを出したが、結論は覆らなかった。
 おそらくその業界のルールからも逸脱している大変
 悪質な行為だと思う。

 法律上、これが違法にあたるのかどうか、素人には
 わからないが、何らかのアクションを取り、もし覆
 って契約にこぎつけたとしても、貸主の管理会社
 と最初から気まずい関係になるわけで、長い目で見
 るとやりにくくなる。

 人の健康に貢献しようという会社の経営者の行動に
 幻滅し、考えるだけでバカバカしくなって、騒ぎ立
 てることはしなかった。
 当分こんな理想の物件は見つからないだろうな~と
 思って力が抜けた。
 またゼロから物件探しだ。
 しばらくして、そこは治療系の店が開業したのを
 知った。

  早速リフォーム業者に連絡し、契約できなかった
 ので、リフォームの話はキャンセルしてほしいと伝
 えた。なお、「将来物件が見つかり、リフォーム
 する場合は、貴社にお願いするつもりだ」と話した。

  物件探しの行動を起こしてまだ2ヵ月ちょっと。
「これもすべて経験」と自分に言い聞かせる。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【27】起業準備
   ( 物件探し 内見No.6 )

  さて、これからどうするか?
 気晴らしも兼ね、ネットで調べた物件も含め、京王
 線沿線の物件を調査した。
 急行は停まらないが、駅から徒歩3分、68㎡の良さ
 そうな物件を見つけた。
 住宅街にある新築の2階。図面からレイアウト案を
 考えた。このころは図面を見れば、複数案すぐに浮
 かぶようになっていた。学習効果が発揮されている。


  内見したいが、窓口の不動産業者をどうするか? 
 先日、リフォーム業者を訪問した時に、不動産担当
 (D)の方(女性)を紹介してもらったのを思い出
 した。今後、物件とリフォームの窓口が通じている
 と有利だ。

 早速その物件の話をしたら、次の日6月17日に内
 見することになった。フットワークがいい。 
 結果から言うと、貸主はOKだったが、実権のある
 身内からの反対に会ってご和算となった。
 何かのドラマを見ているようで笑ってしまった。 

  
  備品類の購入は継続して行っていた。
 6月22日、新宿の東急ハンズに立ち寄ったところ、
 小樽のガラス市が開かれていた。

 一点物の魅力的なランプを見つけた。図柄と配色が
 素晴らしい。施術部屋用に丁度いい。
 癒しに影響を与える五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、
 嗅覚)のうちの視覚に関係するアイテムだ。
 迷わず購入した。

 

 





 

 



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【28】起業準備
  ( コンセプト:つなぐ )

  このころ開業プランは何度も見直し改訂をしてい
 た。その中で、人と人のつながりで考えていたこと
 をイメージ図にして表現したものがあるのでご紹介
 する。


  タイトルは「つなぐ」だが、個人と組織の成長に
 関する考え方だ。
 組織体は、大中小の企業、個人事業等いろいろな形
 態があるが、基本的な考え方は同じだ。
 個人はその組織体に所属するメンバーだ。
 自分自身も含める。従業員のいない個人事業主
(一人親方)の場合は、組織と個人がイコールとなる。

  組織が成長するためには、個人が成長することが
 必要だ。組織は個人にいったい何を期待しているの
 だろうか? 
 組織の目的、目標を達成するために活動する主体は
 個人なので、その役割を果たせるよう、教育をし、
 実行できるようにする。
 私はこれを人に対する投資と考えている。

 金や、時間をかけ「力量」を身につけさせ、成果と
 いうリターンを求める。
 ビジネスなので至極当然のことだ。
 直接的には個人の成果だが、結果としてその個人が
 所属する組織の評価につながる。

  個人の立場で考えてみよう。
 最初は組織の求めることを理解することから始める。
 OJTを通じて、与えられた仕事ができるように学
 ぶ。知識や経験が少しずつ身についてくるが、まだ
 充分な成果が出ない。

 学ばせてもらって、給料までもらえるなんて幸せだ
 と素直に思った方がいい。時々失敗もするだろう、
 でもそこで真摯に反省し、工夫し、次回は出来るよ
 うにすると、成長する。
 失敗体験から成功体験が生まれることにより、個人
 の暗黙知が育つ。一回り成長するのだ。

  個人の評価をする上で、評価するほうも、される
 方も、何が評価されるのかを知っておいた方がいい。
 要素は二つある。一つは数値で誰が見てもわかる要
 素でもう一つは、数値に現れないものだ。
 営業なら売り上げの数字、製造なら生産性や品質を
 表す数値だ。

 但し、仕事によっては数値で表しにくいものもある。
 上の図でいうと、見えない要素に人間性、モチベ
 ーション、信頼性などを挙げたが、結果が見えない
 ので評価しずらい。これらは、サービス業などで直
 接エンドユーザーと接する仕事等では、向上、成長
 させたい要素である。

 これらの要素も積極的に評価するしくみを工夫する
 といいだろう。そうしないとギスギスとした成果主
 義だけを追い求めるつまらない組織に陥ってしまう。


  先ほど「力量」という言葉を出したが。力量とは、
 単に能力があることを意味するのではなく、知識、
 技能、経験により、実際に その能力を発揮できるこ
 とを意味する。

  力量が身につくまで努力を途中でやめないことが
 大事だ。皆さんも経験があるだろうが、何かことを
 始めると、なかなかうまくいかないが、ある日突然
 今までできなかったことが、簡単にできるようにな
 る。

 さらに上のレベルに進むと、やはりうまくいかない
 が、練習を積むと、またある日簡単にできるように
 なる。練習量と成果は比例関係ではなく、階段状に
 なっている。

  例えば、私の場合、趣味の囲碁がそうだ。
 覚えたてはルールが判ったつもりでも、自分でも何
 を打っているのかわけがわからない。
 ただ石を置くだけ。
 基本的な打ち方を何度も繰り返し練習する
 (定石や布石)。最初は相手の石を取ることが面白
 く、石を取っていい気になる。実は上手はわざと相
 手に石を取らせているのだ。

 ユーモアのわかる上手なら、ここでしまったという
 表情を浮かべる。
 それを見て、下手は心の中でしめしめと思う。
 誰もが、こんなレベルから始める。

  このような段階を経験し、ある日初段クラスにレ
 ベルアップする。ところがしばらく停滞期になる。
 同じ勉強方法や同じ打ち方をしていると、初段止ま
 りだ。このままではまずいので、勉強方法を変えた
 り、考え方を変えて、しばらく修行をする。
 そうするとある日実戦でうまく打てるようになり、
 3段ぐらいになっている。
 
 同様にまた停滞期があり、今度は人生観に近いが、
 自分 の囲碁観みたいなものと向き合い、今までと
 視点を変えたり、トッププロの打ち碁集などに出会
 い、ヒントを得たりするなど、良い刺激を受け続け
 ると、また5段ぐらいに到達する。

 初段、3段、5段の壁を乗り越えることができる。
 私は5段の壁を乗り越え、次の壁のまえでうろうろ
 している。ここ10年ぐらいは、年に数回しか石を
 手にしないので、上達するはずがない。

  英語もそのような上達のプロセスだ。
 ある日突然うまくなるというのは本当だと思う。
 何かきっかけがあり、脳が刺激を受けて、自分なり
 に考えた行動を取って、継続的にそれに触れる時間
 を持てば、上達する。

  今後自分の仕事でいうと、サロン経営でこの考え
 で臨みたいのだ。
 もし従業員を採用するなら、技術、接客能力を身に 
 つけてもらい、施術やコミュニケーションを通じて、
 お客様の困っている症状の改善に貢献したり、リラ
 ックスしていただくことで目的を達成する。
 その結果お客様から感謝される。
 セラピストに対して感謝していただけるが、それは
 つまりお店への感謝、評判となる。
 
 したがって経営者としては、お店が評価されるため
 には、従業員の質の向上を図ることを目指すことが
 重要となる。もし従業員がいない場合は自分自身が
 その役割を果たすことになる。
 施術の技術力もコミュニケーション能力もない従業
 員なら、確実にお店の評判を下げ、お客様を失うこ
 とになる。
 経営資源である人をどのように育て、成果を生み出
 すか。永遠のテーマだ。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【29】起業準備
  ( 屋号、ロゴの検討 )


  さて、屋号についてである。2月ごろ候補に挙げ
 た40~50個は、その時にいいと思っても、時間を
 置くとインパクトのない陳腐な感じがしたり、逆に
 普通っぽいと思われた名前が、味わいがありそうに
 感じたりする。
 ずっと検討作業は続けていたが、そろそろ候補を絞
 りたい。当初決めた条件は下記の二つ。

   ① 柔らかいイメージの「ひらがな」か
    「漢字」にする。
   ② 文字数が少なくて、読みやすく、印象に残り、
    思い出しやすいこと。

  その二つの条件を満たすものをリストアップし、
 さらに広い年代層に受け入れられそうなもので絞り
 込んでいくと、候補名が3つに絞られた。
 そのうちの一つが良さそうな気がした。ひらがなで
 「たいこ」である。
 「タイ古式マッサージ」と「整体」の両方に含まれ
 る文字で構成されている。

 Web Siteで会社名診断(ひらがな、漢字の種類は指
 定できない)をすると、「たいこ」は力強い、安定
 した印象とのことで、高得点の評価であった。
 漢字に置き換えると、「太鼓」、「太古」、「太湖」
 「太鼓」ではサロンのイメージと違うし、商標とし
 てOKにならないだろう。「太古」がいい。
 ここはひらがなの「たいこ」か、漢字の「太古」で
 考えてみよう。
 
  発音は一緒だが、見た目のイメージがかなり違う。
 ひらがなの「たいこ」は視覚的に少し分かりずらい
 し、おもしろみがない感じがする。
 「太古」が格調高く、安定した文字で、印象に残り
 やすい感じがする。
 漢字は新鮮味があっていいかもしれない。とりあえ
 ず、屋号の候補を「太古」にした。(6月初め)
 何日か自分で声に出したり、文字を眺めたりして、
 しっくりくるかどうか様子を見た。違和感はなかっ
 た。

  屋号の仮称が決まったので、今度はロゴを考えよ
 う。屋号と同様、お店の「顔」になる大事なものな
 ので、業者に頼まず、自分でデザインしたい。
 デザインの勉強をしたこともない素人に、すぐにア
 イデアが浮かぶわけはないし… 
 さてどうしたもんか。
 そんなことを考えながら、「太古」の文字をしばら
 く眺めていた。
 突然ひらめいた!  人だ!  
 そこから、一気に書き上げた。

  ------------------------------------------------
 ① オリジナルデザイン !! 
   (手書きのイラスト) 6月15日作成

 

               
  2か月後 
  ● ② 最終デザイン  8月23日完成


             
 -----------------------------------------------

  まずは上のオリジナルデザイン(①)が出来た。
 今はこれしか浮かばない。
 たった一案だが、屋号を決めたステップと同様、
 少し寝かせて、候補になりそ
 うかどうか判断することにした。様子を見よう。
 一案だけだと心もとないが、そんな簡単には別の
 デザインは浮かんでこない。
 そこがプロのデザイナーとの差なのだろう。

  1週間後、オリジナルデザインをベースに、ロゴ
 制作に取り掛かった。
 図形だけにするか、屋号などを併記するのか、タイ
 古式マッサージ、整体サロンという文字を併記する
 か?悩みどころだ。
  
 ロゴは今後、看板、パンフレット、名刺等で活用す
 るので、電子データで作る必要がある。デザインソ
 フトがあればいろいろなことが出来るだろうと思い、
 まずはそのソフトの体験用DVD-ROMがついてい
 る教本(ドリル)を、最寄りの書店で買った。
 2,000円以内だった。もしそのソフトの操作性や機
 能が馴染めないなら別のソフトを検討しよう。

  早速付属のDVDから体験版をPCにインストー
 ルした。このソフトを使いこなすには、「ベジェ曲
 線」に慣れる必要がある。曲線のカーブを上手く調
 整出来ればきれいな図形を描くことが出来る。 

  教本で図形の描き方を優先して練習した。
 オリジナルデザインの人の形をより人らしく見える
 ように修正した。静まった深夜に集中して作業し、
 三日間 で人の形が完成した。
 その次は下記の要素を考える。
 周りを囲う場合の形状、人間と背景の配色。
  ------------------------------------------------
  検討段階でのデザイン案の一例 
  (人の腕や脚の太さも調整)
 

 

 

 

            
  --------------------------------------------------------------
  少し条件を変えただけで、仕上がりの印象が変わ
  る。難しいものだ。
  デザイナーの苦労の一端を垣間見ることが出来た。


  約2か月間かけて完成した最終デザインと、ロゴ
  への想いを紹介する。
  
  ------------------------------------------------

  
   「太古」のロゴは人が手足を伸ばしてくつろい
   でいる雰囲気をイメージしています。
   人が太古の昔に戻って人間らしさを取り戻し、
   心身ともに健康で  
   健全な姿になってほしいとの思いが込められて
   います。
   またこのような時代だからこそ、より人と人と
   のつながりを大切にしたいというメッセージも
   込められています。       
  ----------------------------------------------   

  最終的にこのロゴに決めた要素のこだわりについ
  て紹介する。

  ① 人の形状について:
     左は男性、右は女性。男性と女性の身体の
     構造で意識したことは、腕、脚の太さ、長
     さ、骨太か柔らかいか、頭の傾ける角度、
     男性の胸板のしっかりしているところ、女
     性の股関節周りの柔軟性等々でそれらがう
     まく表現出来た。


  ② 人を白抜きにしたこと
     白のイメージは清潔感。清潔なお店という
     主張がある。
     白は若さを象徴し、女性が求める色。
     心理的には、何かをリセットしたい時、リ
     ラックスして、本来の自分を取り戻したり、
     前向きに何かに取り組むきっかけとなれば
     いい。  

     看板にした時に、白抜きのほうが目立つ。 
     特に内照看板の場合、白抜き部分が浮き上
     がって見える。 

 
  ③ 人の背景を緑にしたこと
     緑のイメージは、安心感、穏やかさ、癒し、
     健康等々。筋肉をリラックスさせたり、心
     の緊張から解放されたい時に有効な色であ
     る。まさにお店にピッタリの色で、太古の
     イメージカラーである。
     デザインソフトのCMYK(シアン、マゼ
     ンタ、イエロー、ブラックの濃度(%)は
     何種類も振って検討し、深みのあるグリー
     ンを得た。

     
  ④ 楕円にしたこと
     正円、長方形、楕円で比較した。楕円が一
     番収まりがよく、安定感があった。
     正円は不安定で、転がっていく感じがした。
     長方形は硬いイメージで、せっかくの人の
     柔らかさを損なう感じがした。
     楕円も曲率(縦と横の比率)を何種類も振
     って検討した。

   
  ⑤ 外周を黒の帯で囲ったこと。
     黒で囲うことで、ロゴとしてのしまりを良
     くした。(上に掲載した黒枠のないデザイ
     ンを見てもらうとその差がわかる)安定感、
     信頼感がイメージできる。
     囲われた空間、すなわち個室で安心して施
     術が受けられる印象も持っている。
     看板にした時に、ロゴそのものがくっきり
     目立つ。

     エンブレムとしていろいろな場面で使うこ
     とが出来る。例えばユニフォームの胸に下
     記のように付けると、しっくりとくる。
     (黒のTシャツの場合は外周色の黒が見え
     なくなるが、黒の境界線があるので、どん
     な色のTシャツにも適用できる。


  
  ⑥ 色数を3色で白、緑、黒にしたこと
     出来るだけ色数は少なくシンプルにしたか
     った。白抜きの図形、背景色、枠となると
     どうしても3色の配色となる。
     この3色は、好きなカフェが以前使ってい
     たロゴの3色と同じだ。
     (現在のロゴは2色)

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【30】起業準備
   ( 物件探し 内見No.7 )

  さて、話を物件探しに戻そう。前回、京王線の各
 駅停車駅近くの新築物件の話がなくなってから2週
 間ほど経ったが、7月10日にネットでまた良さそ
 うな物件を探し出した。

 まずは不動産業者Dに相談する前に、その物件の立
 地条件の調査に出向いた。
 京王線沿線で急行の停まる駅、徒歩3分、61㎡、
 バルコニーあり。
 2階だが、広い道路に面しており視認性が良い。
 かなり理想的な物件だが、ある物を見た瞬間、これ
 はだめかもと思った。
 なんと、1階に「〇〇整骨院」の看板が… 
 あ~あ、とため息。

  ダメもとで、不動産業者Dに内見をお願いした。
 大家さんに一階に整骨院があるが、2階にサロンを
 構えて問題がないか問い合わせてもらった。
 不安が的中した。 その整骨院が、最近マッサージ
 も始めたとのこと。
 人間関係もあるので、申し訳ないが、同業者は入居
 してほしくないとの回答とのことだった。
 こればかりはしょうがない。自分が逆の立場なら、
 同業者には来てほしくないに決まっている。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【31】起業準備
   ( 物件探し 内見No.8 )

 
  内見7件目はラッキーセブンとはならなかった
 が、気にせず、日々ネットで物件探しをしていた。
 当時私の住んでいた所は、京王相模原線の終点、
 橋本駅(神奈川県)に近い所で、京王線沿線で新
 宿方面に向かって、物件探しをしていた。

 京王堀之内、多摩センター、京王永山で内見し、
 調布は見つからず、次に急行の停まる駅はつつじ
 ヶ丘駅だ。
 そこで見つからなければ、各駅も含め、仙川、千
 歳烏山、芦花公園、桜上水とだんだん新宿に近づ
 いていく。

  つつじヶ丘駅周辺の貸店舗物件を探した。
 気になる物件が一つあった。
 駅から徒歩2分、94㎡と、便利で広い。

 今までは、施術部屋を3部屋欲しいので、約60㎡
 の広さの物件を見てきたが、待合室、スタッフル
 ーム、水周り(洗濯機、流し)等のスペースが相
 当狭くなり、自分やスタッフが伸び伸びと仕事を
 する環境ではないので、もう少し広い方がいいと
 思っていた。
 そこで今回は今までの5割増し。
 流石に94㎡は広い。
 施術部屋は余裕で4部屋設けることができる。

     (昼間)

     ( 夜 )

  
 ●1階は、やるき茶屋
   (現在は名称が変わり「げんき茶屋」)
 ●2階がレンタルビデオショップで右側にあるの
  が2階に上る専用階段。
  道路側が全面ガラス張りなので、大きく店名、
  ロゴ等を表示できる。   


  当該物件は、現在使用中で、引き渡し予定は
 2011年9月下旬だ。今は7月中旬なので、決まれ
 ば2ヵ月ちょっと先の入居だ。いろいろな準備で
 時間が欲しいので、この条件はありがたい。

   ①2ヵ月先なので、申込者は私の他にはいな
    いのではないか?

   ②すぐ入居する物件だと、入居後すぐリフォー
    ム工事をしないと無駄な家賃が発生する。
    2ヵ月先なので、その間にリフォームの設計
    準備をすれば、入居後すぐリフォーム工事に
    取り掛かることができる。
    設計に充分時間をかけられるのは助かる。

  早速、その物件の直接の管理会社ではなく、6件
 目から内見を依頼している不動産業者Dに仲介を頼
 んだ。入居者は、レンタルビデオ屋を営業している
 が、退去前に見ておくと、課題が明確になるので、
 内見を希望した。

 7月20日に管理会社立ち会いのもと、不動産業者
 Dの担当者(Aさん)と一緒に、お店の営業時間中
 に内見させてもらうことになった。

  内見の前にやっておきたいことがある。レイアウ
 ト案の作成だ。レイアウト案があって内見すると、
 何を確認すべきかが明確になる。物件案内に載って
 いる略図と面積から寸法を割り出した。まずは、下
 記の必要な7項目の要素をあてはめていく。
 スタッフの更衣室はどうするかは課題だ。

   ① 化粧室
   ② 水回り(流し、洗濯機、乾燥機、冷蔵庫、
         キッチンテーブル等)
   ③ 施術部屋(タイ古式と整体)
   ④ 廊下
   ⑤ 受付カウンター
   ⑥ スタッフルーム
   ⑦ 待合室

  施術ルームは2m x 3m は確保したい。 水回り
 は家電、テーブル等を置いても、充分な作業スペー
 スが確保できることが必要。

 廊下は幅900mmは欲しい。狭いと圧迫感がある。
 受付カウンターの位置は、入口の自動ドアから適度
 な位置。待合室はお客様がくつろげるように、ゆっ
 たりと。スタッフルームはPC操作、休憩、食事等
 をするために必要なスペースが必要。 

  施術部屋の向きを変えた2つの案を作成した。
 実は、今はこれがないと大変困るアイテムがあるが、
 最初のレイアウト案を作ったときには、それは組み
 込まれていなかった。  

  7月20日、内見当日。
 60㎡から7~80㎡を通り越しての90㎡以上な
 ので、もったいないぐらい広く感じる。
 奥行はかなりある。駅から近いし、広さも充分。
 こんな物件はもう現れないだろうなと思い、その日
 のうちに契約する意思を示した。

 さらに、本気度を伝えるため、簡潔にまとめた開業
 プランを管理会社の担当者に渡した。無職なので、
 信頼を得るためにはこのような資料が有効だ。
 不動産業者Dを経由して次の日に返事をもらうこと
 にした。
  
  当該物件に決めたいと考えた要素は
  ---------------------------------------------  
   ① 京王線沿線で急行の停まる駅
     (通勤の効率を考えOK)
   ② 駅から徒歩2分
     (5分以内と考えていたので申し分ない)
   ③ 広さが94㎡ 
     (大は小を兼ねるので広いのは有利)
   ④ 奥行が長い
     (長方形の間取りだが、レイアウト上
     問題なし)

   ⑤ 店舗は商店街の中にあるが、周辺は閑静な
     住宅地
      (もともと考えていたエリア条件に近い)
   ⑥ 2階 (専用階段のため、1階と同じ意味
         合いで問題なし)
   ⑦ ドアがガラス張り、自動ドア
      (理想的な仕様)
   ⑧ 1階は居酒屋だが、匂いは2階に漂って
   こない。(OK)

   ⑨ 道路側の窓は東面(西日なし OK)
   ⑩ 道路側が広い窓
     (屋号、ロゴなどを掲示できそう)
   ⑪ 外壁の仕様 (袖看板は設置できそう)
   ⑫ 面している通り沿いに競合店がない(重要)
   ⑬ その他もろもろ ( 省略 )  
  ------------------------------------------------  

  次の日、不動産業者Dの担当者から、連絡が来た。
 管理会社のオーナーの確認が取れ入居OKとなったと
 のこと。今回はあっという間に決まったので、正直拍
 子抜けした。
 早速次の日、7月21日に入居申込書、その他必要書
 類を提出した。

  物件探しのスタートが4月8日で内見8件目。
 入居決定が7月21日。物件探しに5ヶ月半かかっ
 た。1年は覚悟をしていたので、ほっとした。

  入居日はまだ確定しないが、遅くとも9月末、あ
 るいは前倒しになり、9月中旬ごろになるかもしれ
 ない。

  今の入居者が退去する時の条件はスケルトン渡し
 だが、残してほしいものがあれば、交渉は出来る。
 また、リフォームする上での注意事項等を確認した
 かったので、リフォーム業者の担当者と、すぐ現地
 で打ち合せをする旨リクエストした。

  7月25日、集まったのは下記の5名。
    ①管理会社の担当者
    ②不動産業者Dの担当者
    ③リフォーム業者の工事責任者と営業担当者
     (②、③は同じ会社)
    ④私

  木目調のフローリングが張られているが、所々に
 タバコの焦げ跡がついている。天井埋め込み型のエ
 アコンは古そうだ。
 自動アはそのまま使えそうだ。
 自動ドアだけ残してもらい、その他はすべて撤去し
 スケルトン状態にしてもらうことにした。

 この段階でリフォーム業者に立ち合うい会ってもら
 い、打ち合わせが出来たのは、大いに助かった。
 その後の打ち合せで話が通じやすいからだ。

  これで、開業を進める上での律速段階となる物件
 を押さえることができた。
 ただし、この時点ではまだ口頭でのやり取りでOK
 となっているだけなので、正式には必要書類を取り
 わないと安心できない。以前の物件(内見No.5)で
 ほぼ契約にこぎつけた後、物件を横取りされた苦い
 経験があるので、万が一ということも覚悟はしてお
 こう。


  このところ開業準備で奔走していたので、たまに
 は気晴らしも必要だ。7月31日、代々木公園で行
 われた「タイフェスタ」に行った。
 この後、飲み会があるので、軽くビールを飲み、
 タイの雰囲気を満喫した。

 


  8月3日、心配をよそに、正式に入居OKの回答
 が来た。  
 いよいよ正念場だ。開業が現実のものとなる。

  振り返ってみると7月に実施したことは:
  ---------------------------------------------------
   ① 物件探し (8件目 調査、内見、
        リフォーム業者打ち合わせ)
   ② タイ古式実技授業 ( 23回受講 )
   ③ 開業関係の書籍から情報収集
   ④ 歯医者通院 
     (詰め物が取れたのがきっかけで、
        すべて治療することにした)
   ⑤ リフレッシュ 
     (元会社のOB会、お気に入りの海で
      甲羅干し)
  -------------------------------------------------

  学校は、2010年3月16日に通学を開始し、在籍期
 限は2011年11月29日。
 3月の震災の影響で、休校があったので、期限が少
 し延期となった。
 1年8ヵ月の学校生活も残すはあと4ヵ月。
 この時点での、タイ古式マッサージと整体の2つの
 コースの進捗はというと、
  -------------------------------------------
  ★ タイ古式マッサージは2月に、実技と学科の
    卒業試験を合格済み。
    さらに5月3日付で、タイ国衛生省発行の認
    定証を受領済み
      (タイ語と英語の両方の認定書)
     
  ★ 整体は在籍期間中に実技と学科の卒業試験を
    受ける必要がある。
    出来れば10月、ぎりぎりで11月中旬まで
    には一発で合格したい。
  -------------------------------------------------
 開業準備のない日は、出来るだけ学校に通い、タイ
 古式マサージの練習をした。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【32】起業準備
( 仕事の進め方のヒント )

  さて、8月に実施することは、
  -----------------------------------------------
  ① 開業準備 
     ・屋号(店舗名)確定
     ・ロゴ確定、商標申請検討
     ・店舗契約手続き
     ・リフォーム打ち合せ(レイアウト決定)
     ・看板デザイン検討(業者選定)
     ・パンフレット案作成
      (メニュー、料金体系検討)
     ・購入品リストアップ

  ② タイ古式実技授業 
     (15回~20回受講、最終仕上げ)
  ③ 開業関係の書籍から引き続き情報収集
  ④ 歯医者通院 
  ⑤ リフレッシュ 
   (たぶんお付き合いあり。海で甲羅干し)
  ------------------------------------------------

  学校で、簡単な開業講座の授業はあったが、特に
 誰のアドバイスも求めず、自力で推進した。
 いろいろなことを準備しなければならなかったが、
 プレッシャーもストレスも感じず、そこそここなせ
 た。その要因として考えられることは

  ① 無職なので時間が十分にあり、時間を自分で
    コントロールできる
  ② サラリーマン時代に鍛えた、数多くの仕事を
    こなすノウハウがある
  ③ 性格(前向きで積極的、ストレス耐性が強い)
  ④ 心身ともに健康

  ここで②のノウハウについて述べよう。会社にい
 たときに身につけた仕事の進め方であり、開業の
 課題遂行に活かしている。

 会社では管理職ともなると、好むと好まざるに関わ
 らず、組織を優先した多くの課題がのしかかってく
 る。とても自分で自由になる時間などない。そのた
 めには自分に合った(自分で工夫した)効果的で効
 率的な仕事の進め方を身につける必要がある。
  
  私が実践した方法の一例をご紹介する。
  ------------------------------------------------
  ① 一年間の大中小のイベントを組み込んだカレ
    ンダーとチェックリストを作り、組織のメン
    バーに公開し、誰がどのタイミングで何をす
    ればいいかを合意し、実践する。定期的にチ
    ェックリストで進捗を確認する。

  ② 会議の資料は、遅くとも3日前までにはほぼ
    完成させる。
  ③ 明日、その先にできることも、時間があれば
    今日やってしまう。

  ④ 課題の解決策や計画は、必ず複数案考える習
    慣を身につける。
  ⑤ 自分と部下の役割を明確にし、役割を遂行す
    る能力が不足していれば、それを身につける
    適正な教育をする。
  -------------------------------------------------

  これだけでは解りずらいので、少し説明しよう。

  ① イベントのカレンダーとチェックリスト 
     → 組織内公開、実戦、確認
    企業の場合、年間の会議やイベントの多く
    は、毎年同じように繰り返し行われるので、
    組織のメンバーは、自分が関わる案件ぐらい
    は、体内時計に組み込んでおかなければなら
    ないだろう。そうすれば組織全体での時間の
    省エネになる。

    例えばグループの朝礼、週間会議、月例会議、
    品質会議、プロジェクト会議、方針説明会等
    の諸会議。関係先との打ち合わせ等。
    人事関係の諸手続き(人事考課、管理職登用、
    異動等々)、年度末〆の手続き等々。

    イベントが行われるタイミングも、行う内容
    もすべて事前に分かっている。
    納期が決まっているので、それを目指して、
    必要なタイミングで必要なものを準備すれば
    いいだけだ。年間のスケジュールが頭に入っ
    ていないとどうなるか? 

    必要なタイミングで必要なものが揃わないの
    で、間際になって慌てふためき、他の仕事に
    影響し、無駄な時間を費やすことになる。
    上司に、「○○会議の準備は出来ているかね
    ?」 と聞かれたら、例えば「調査資料はも
    う揃っており、パワーポイントの発表資料も
    仕掛かっていますので2、3日後には出来上
    がります。」とさらっと言いたい。

  ② 会議の資料は、遅くとも3日前までにはほぼ
    完成させる。若いころは、本来は時間は充分
    にあるが、まとめる能力が不足していたので、
    会議の資料は滑り込みセーフの状態が日常茶
    飯事だった。
    年数が経ち、上のポジションになると、当然
    まとめる能力は向上しているが、時として不
    可抗力的に時間が奪われることが多くなる。
    
    例えば予期せぬクレームが会議の前の日に発
    生したとしよう。仕掛かっている仕事は後回
    しにし、まずはクレームの対応、対策に回ら
    なければならない。

    こんな状況で、会議の資料などまともにまと
    められるはずがない。
    3日前までに資料が出来上がっていれば、な
    んとかなるだろう。    
    ある時から、自分でこのようなルールを作っ
    て仕事を行ったところ、イベントの間際でバ
    タバタすることがなくなった。また3日前に
    資料が出来上がるメリットは、見直し、修正
    する時間が生まれるので、資料の仕上がり品
    質が向上する。


  ③ 明日、その先にできることも、時間があれば
    今日やってしまう。 
    恐らく、世の中のタイムマネジメントの本を
    読むと、今日やらなくていいことは明日に回
    せというアドバイスがほとんどだろう。

    私の場合はその逆だ。
    明日資料をまとめる時間が確実に確保できる
    保証はどこにもない。突発事項や、急な依頼
    で予定が狂うことがよくある。
    今日の空いた時間を有効活用して、明日以降
    の仕事を先取りして手掛けよう。

    皆さんがこの通り実践する必要はない。自分
    の今の仕事の性格を考え、何が自分に合って
    いるかで決めればいい。

    私の場合は45歳ぐらいの時から会議の数が
    月に40~50あったので必然的に、隙間時
    間を活用して、集中してフル回転で仕事を先
    取りして処理せざるを得なかったからだ。
  

  ④ 課題の解決策や計画は必ず複数案考える習慣
    を身につける。私の趣味の一つは、高校の時
    から始めた囲碁だ。囲碁では、次の一手や、
    戦略を考える時は必ず複数案考える。

    囲碁以外のボードゲームももちろん同じだ。
    スポーツもある意味同じだ。いくつかのパタ
    ーンの動きを徹底的に練習し、シミュレーシ
    ョンしておくと、相手の動きに対して、複数
    案ある自分の引き出しからその場面に一番適
    した動きを瞬時に取ることができる。
    応用力が高まる。 

    会社での課題で記憶にあるのが、コンピュー
    タの2000年問題、企業倫理、BCP(Business
    Continuity Plan)、クライシスマネジメント、
    企業のコンプライアンス、設備投資。これら
    の課題を遂行する際、色々なケースを考えて、
    複数案対応策を検討した。

    充分準備したつもりでも、現実は想定外のこ
    とが発生し、正しい
    アクションが取られないことは世の中で良く
    起きる。但し、事前に準備しているかどうか
    で、やはり結果が違ってくる。 

    以前「学習の転移」ということを紹介したこ
    とを覚えているだろうか?
    ある行動の学習が、その後の異なる学習に影
    響を与えることだ。普段から、複数案考える
    訓練をしておくと、どんな課題に直面しても
    応用が効く。


  ⑤ 自分と部下の役割の明確化。能力向上のため
    の適正な教育。
    上司と部下がお互いに役割を把握しておくと
    よい。役割を遂行する能力が現状どの程度あ
    るかを見極め、不足しているのなら、適正な
    教育をする必要がある。

    その仕事をする上で求められる能力は、組織
    によって異なる。その能力をつけるために具
    体的にどう行動すればいいかを、上司と部下
    で話し合うとよい。
    一人で育つ人ばかりなら手がかからないが、
    一般的には、部下を育てるには、時間と労力
    と忍耐力が必要だ。

    私の場合は、例えば設備投資案件を進める上
    で、今まで投資に関わったことのない部下に、
    プロジェクトリーダーやサブリーダーを任せ
    る。

    要所要所で、進め方のポイントや、考え方の
    視点をアドバイスする。
    本人も、重要な案件を任せられたので、モチ
    ベーションが上がる。プロジェクトを仕上げ
    たら、投資案件を推進する能力が身に付き、
    成功体験が脳にインプットされる。
    
    今後新たな投資案件を手掛ける際には、「学
    習の転移」で、自信を持って推進できるだろ
    う。もしその人に部下がいれば、今度は自分
    の経験をもとに、投資の進め方を指導する能
    力が発揮できる。

    あるマネージャーから、質問されたことがあ
    る。「マネージャーって何をする人なんです
    か?」と。一休さんのとんちの回答ではない
    が、私はこう答えた。「マネージャーは、何
    とかする人」、さらには「知恵と行
    動力で課題を推進する人」と答えた。
    今度は私が質問した。「マネージャーの役割
    は?」
    いくつかあるだろうが、重要な役割として、
    「何とかする人を育てること」、「知恵と行
    動力で課題を推進する人を育てること」だ。
 
    「組織は人だ」と言われるが、構成要素であ
    る人が育っていないと、組織としての活力が
    生まれず、成果も出せない。
    遠回りのようだが、何とかする人を多く育て、
    仕事をまかせられれば、結果、自分の時間が
    生まれる。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【33】店舗準備
   ( リフォーム設計 )


  さて、話が少し横道にそれてしまった。再度8月
 中の課題を見てみよう。 
   ----------------------------------------------
  ① 開業準備 
     ・屋号(店舗名)確定
     ・ロゴ確定、商標申請検討
     ・店舗契約手続き
     ・リフォーム打ち合せ(レイアウト決定)
     ・看板デザイン検討(業者選定)
     ・パンフレット案作成
       (メニュー、料金体系検討)
     ・購入品リストアップ

  ② タイ古式実技授業 
     (15回~20回受講、最終仕上げ) 
  ③ 開業関係の書籍から引き続き情報収集

  ④ 歯医者通院 
  ⑤ リフレッシュ 
     (たぶんお付き合いあり。海で甲羅干し)
  ---------------------------------------------

  屋号(店舗名)は『太古』で決まりだ。ロゴは後
 日、8月23日に最終デザインが完成して、それで
 決定した。商標を取得したいが、商標や、ブランデ
 ィングについて書籍から学んで、十分理解してから
 結論を出すつもりだ。

  何といっても、契約手続きの打ち合せと、リフォ
 ームの打ち合せが一番の優先課題だ。8月5日、リ
 フォーム業者 兼 不動産業者(以降L社と呼ぶ)を
 訪れた。
 事務所はJR国立駅から徒歩6分のところにある。
 L社とは、これから長い付き合いになるだろうから、
 まずは信頼関係構築からだ。

 6月6日に物件No.6で立ち会ってもらい、契約に至
 らなかったのでリフォームの依頼は発生しなかった
 が、対応力がありそうなので、今後物件が決まれば、
 おたくに依頼するからと約束していたので、それを
 守った。さらに不動産の仲介もお願いしているので、
 私としては全面的にL社を信頼しているということ
 で進めてきている。

  実は、6月にリフォーム担当者と責任者とお会い
 した時は、単にサロンを開業する目的でリフォーム
 するという事だけしか伝えていなかったので、今回
 改めて顔合わせをし、詳細を説明した。
 経歴や、学校で整体とタイ古式マッサージを学んで
 いること、開業プラン等を説明した。 


  物件案内に掲載されていた図面から寸法を割り出
 し、レイアウト案を作成してきたので、それを見せ
 ながら、意見交換した。 何度か打ち合わせ、修正
 して最終的に決めたレイアウトをご紹介する。

 


 

         
  打ち合せをして合意した内容が下記で、さらに何
 度か改訂し、正式図面作成のもとになったレイアウ
 トが上図。
  ------------------------------------------------   
   ・施術部屋
     4部屋。2m x 3m目途
   ・③、④、⑤を仕切る壁は可動式とする。
   ・収納棚を設置する(施術部屋①と③の間)
   ・水回りの部屋にシャワーユニットを置く
   ・化粧室の位置は変更なし。
   ・長い廊下の幅は900mm以上。

   ・入口正面が受付カウンター、左手が待合室と
    する。
   ・受付カウンターの奥は事務所
   ・事務所と施術部屋の間に一部屋設ける
    →多目的ルームと呼ぶ。
     (打ち合せ、従業員の学習、施術の練習等
      で活用する)
   ・階段下の収納スペースを更衣室にする。
  ---------------------------------------------------

  上記は大まかなポイントだが、実際はもっといろ
 いろなこだわりを反映して、このレイアウトが完成
 した。

 例えば、
   ①左回りの法則。陸上のトラック競技などでは
    左周り、コンビニでは導線が左方向というの
    を応用した。
    入口のドアを入ると左手が待合室。施術部屋
    は廊下をまっすぐ進んで左手。特に初めての
    お店だと左に進行すると人は安心する。

   ②施術部屋①と③の奥まったコーナーはデッド
    スペース。ここに収納棚を設けた。
    タオル、シーツ類、掃除機等がスッキリと収
    納できる。

  レイアウトが決まったので、次は内装関係の打ち
 合わせだ。まず、内装のコンセプトを決めよう。
 タイ古式マッサージだからと言って、内装すべてを
 タイ風にするつもりはない。お客様が落ち着ける雰
 囲気、大人の雰囲気がいい。

 ほとんどのお客様が日本人だろうから、一般的に日
 本人が好むデザインにすればいい。ということは日
 本の家屋がヒントとなる。
 畳、障子、ふすま、柱等々。そこからイメージでき
 る色を採用しよう。候補はベージュや茶色。

  壁や天井の壁紙は、内装材メーカーのカタログ見
 本から、いくつか候補を選んだ。見本は5cm角の
 サイズと小さいので、慣れていないと実際の面積で
 の印象がイメージしずらいだろう。

 サラリーマン時代、内装材を扱う技術部門に所属し
 たことがあるので、少しは感性を持ち合せている。
 床も各社のメーカーカタログを見させてもらった。
 待合室や施術部屋は、よく見かける茶色の木目だと
 面白くないので、何か工夫したいところだ。
 その場で考え出すときりがないので、自宅に何冊か
 カタログを送ってもらい、少し時間をかけて検討す
 ることにした。

  次回打ち合わせは12日後の8月17日で、それ
 までに担当の方とメールで確認できる内容について
 は、やり取りをした。

 今後の検討課題は:
  ----------------------------------------------
  ①施術部屋の入口の仕様
  (天井組み付けのエアコンとの位置関係を考慮)
  ②水回り(シャワーユニット、キッチンの
   仕様、洗濯機排水パンのサイズ)
  ③化粧室の流し、便器、棚等の仕様
  ④階段下のスペースの活用
  ⑤施術部屋③、④と多目的ルームの可動式壁の
   仕様

  ⑥カウンターの仕様
  ⑦床・壁・天井の内装材の選定
  ⑧照明の仕様と取りつけ位置、コンセントの位置
  ⑨エアコンの個数と取りつけ位置
  ⑩換気扇の位置
  ⑪その他
  ------------------------------------------------

  打ち合わせの中で、待合室の壁に取り付ける面白
 いインテリア素材を紹介された。
 環境配慮型調湿建材で、凹凸加工の面白いデザイン
 だ。絵は人の好みに左右され難しいし、アジアン風
 の木彫りの素材も選ぶのが難しい。

 紹介された素材は和風で、考えていたイメージにピ
 ッタリだ。新宿にそのメーカーのショールームがあ
 るとのことで、次の日に見に行き、候補を決めた。


 

 材質は杉。440mm角を3枚。
 3枚とも同じ色だが、スポットライトの当て方でい
 ろいろな表情が現れる。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【34】起業準備
   ( 開業講座1 )

  話は変わるが、会社を辞めてから活動したことは
 記録に残している。その記録のおかげで、この物語
 を書くことができている。
 書籍のリスト、学校での受講記録、開業に関わる行
 動などを、逐次Excel や PowerPoint にまとめてい
 た。

 人間の記憶など当てにならないので、忘れないよう
 にまずは手帳や、メモ帳に書き記しておき、その日
 のうちにPCに向かって必要項目を入力する。

 もともとは日記代わりぐらいに考えていたのだが、
 後々、起業(開業)を志す人に参考となるよう、体
 系だてて『開業講座』と題して、PowerPointで取
 りまとめをした。
 この時点では100ページぐらいになっていた。

  丁度その頃、兄から私の開業の話を聞いた甥から、
 起業に興味があり、ぜひ話を聞きたいとの依頼があ
 った。大学の経営のゼミのテーマとしていいネタに
 なるようだ。

 8月15日に自宅まで甥に来てもらうことになった。
 兄が付き添いで来た。
 兄には詳細は話していなかったので、この段階で聞
 いてもらうと都合がいい。
 たぶん、甥はこのようなことを聞きたいのだろうと
 想定して、既にまとめている資料から必要な情報を
 ピックアップした。

 下記は当日説明した資料の目次である。
 当日質問事項をリストアップした
 ものを渡されたので流石だと思った。 
 質問事項にはすべて回答し、満足してもらった。


  会社時代、社内外でも「説明責任」にこだわって
 来たので、人に見せる資料に関しては、何を聞かれ
 ても充分に答えられるようにしている。
 逆に答えられないなら資料として採用しないことに
 している。

 これは、会社時代のある経験がきっかけとなってい
 る。静岡県にある事業所の責任者をしていた時、本
 社(東京)のアメリカ人の社長が急きょ視察に来る
 ことになった。前の日に慌てて資料を取りまとめた。

 財務関係の資料は、担当部署に要求し、PowerPoint
 に貼りつけた。
 当日社長の前でプレゼンテーションしたときに、そ
 の財務関係の頁はさらっと説明して、次のページに
 進めたら、待ったがかかり、前の頁に戻すように言
 われた。いくつか数値の背景を確認していない部分
 があったので、この時ばかりは、それらを質問され
 たらまずいなと焦った。

 不安は的中するものだ。まさにその部分を質問され
 た。財務担当からうら覚えで聞いてはいたので、
 なんとか繕って回答し、幸い事なきを得たが、人前
 で説明する資料は、自分自身が咀嚼して、自信を持
 って説明できるようにしておかなければと反省した
 次第である。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【35】店舗準備
   ( 契約、内装 )


  8月17日、L社への2回目の訪問である。
 本日のメインイベントは2つ。
  ---------------------------------------
     ①店舗物件の契約
     ②リフォームの内装打ち合せ
  ---------------------------------------

 ①重要事項説明書、および賃貸借契約書の説明を受
  け、記名捺印した。
  これで正式に物件が確保できたことになる。

 ②最終的にレイアウトが決まり、床・壁・天井の素
  材の候補を絞った。
  壁紙については、リフォーム工事が始まってから
  でも、実際の現場で見て変更可能との説明を受け、
  少し安心した。

  照明については癒しをイメージできる暖色系の光
  源を考えていたので、白熱灯を候補とした。
  カタログで見てもイメージがつかめないので、
  8月21日に高井戸にある照明メーカーのショー
  ルームを見学し、いろいろな光源を体感すること
  にした。


  8月25日、L社への3目の訪問だ。
  本日のメインイベントは3つ。
  -------------------------------
     ①内装決定
     ②照明仕様決定
     ③エアコン仕様決定
  --------------------------------

  ①内装材はラージサイズでのサンプルを取り寄せ
   てもらっていたので、  
   5cm角の時に比べ、特に明度が判断しやすくな
   り、候補が決まった。
   床は各部屋特徴のあるデザインの素材やデザイ
   ンを選んだ。
  ②照明メーカーの体験をベースに、カタログから
   照明器具、光源を選んだ。
  ③エアコンは天井に組み付けるタイプで全部で4
   台で機種も決定。

  一つ一つ仕様が固まっていく。これで内装関係は
 90%程仕様が決まった。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【36】店舗準備
  ( 店舗サインのデザイン )


  ここまでは、リフォーム工事の内装仕様に焦点を
 絞って打ち合せをしてきたが、その他の案件で、も
 うぼちぼち進めていかなければならないことがある。
  ---------------------------------
     ①外装仕様
     ②商標登録出願
  ---------------------------------

  ①L社のルートで看板業者さんを紹介してもらう
   ことになった。
   実は会社時代に看板関係の仕事も関わっていた
   ので、まったくルートがないわけではないが、
   会社時代の知人ルートで頼んだ場合、業者は気
   を使ってやりにくいはずなので、そのルートは
   使わないことにした。

   内装もそうだが、出来るだけ会社時代のコネを
   あてにせず、自力で仕上げたい。
   8月31日に、その看板業者に出向くことにな
   った。

  ②商標登録出願
   特許庁への商標登録出願手続きは、もともと自
   力で行うのはあきらめていた。
   もし、書類や手続きで不備があると、素人では
   対処できないだろうし、手続きをゼロから学ぶ
   と時間がとられるので、この案件はプロに頼ん
   で自分の時間を確保することにした。

   ネットで特許事務所を探そうかとも考えたが、
   もしかしてL社で特許事務所に知り合いがいな
   いか相談してみた。社内で知り合いがいないか
   確認して連絡をもらうことになった。
   聞いてみるもんだ。特許事務所の方を
   知っているとのことで、さっそく連絡をし、
   9月1日にアポを取った。

  8月31日、看板業者を訪問した。L社と同じ
 JR国立駅から約10分。
 まずは顔合わせをし、当方の要求事項を説明し、ど
 こまでの対応ができるか
 を確認した。デザイン提案もできるとのことだった
 が、ここはこだわりのあるところで、自分でデザイ
 ンし、データを渡すことを条件とした。
 看板として必要なものを検討した結果下記に絞った。
  --------------------------------------------
    ①電飾袖看板
    ②正面ガラス
    ③入口階段上看板(ロゴ、メニューボード)
    ④矢印
    ⑤入口ドア(目隠し用、ロゴ)
  --------------------------------------------

 ①、④、⑤のデザインは簡単だ。問題は②と③だ。
 特に②は道路に面した広いガラス面に取り付けるの
 で、ても目立つ。
 自分でデザインすると言った手前、何とか頑張って
 形にするしかない。
 楽観主義者の悪い癖がまた出てしまった。
 しかしデザイナ
 ーでもないのに無茶なこと
 をするもんだ。

  ②のデザインで必要な要素は:
  ----------------------------------------------
   ・太古ロゴを入れる
   ・太古ロゴが目立つように背景色は白とする
   ・何の店かわかるように、「タイ古式マッ
     サージ・・・」等の文字を入れる
   ・色数は出来るだけ少なくする。 
   ・一階のやるき茶屋の店構えの雰囲気を壊さ
    ないこと
  -----------------------------------------------

 とりあえず、たたき台を作ろう。
 白地に太古ロゴと文字、上下または左右に色の帯
 がシンプルでいい。
 帯の色は太古ロゴのイメージカラーのグリーンか
 その補色のオレンジまたはグリーンとオレンジの
 組み合わせに絞った。

 配色を決めてから、世の中の事例を参考にしよう
 と思い、学校の行き帰りや、外出した時に、町中
 で見かけるグリーンやオレンジの看板を意識して
 探し、デジカメに収めた。コンビニ、デパート、
 鉄道、銀行などで結構使われている。
 
 知名度のある会社の看板は、一流のデザイナーが
 手掛けているんだろうな~と思いながら。
 でも、いくらプロが行っても、人の注意を引くの
 は、かなり難しいだろうな~。う~ん、看板のデ
 ザインはどうあるべきか。命題である。

  とりあえず、A~Hまでの8通りのデザインを
 作成した。実際の写真を使って、窓の部分にデザ
 インを施したものである。
 デザインソフトもだいぶ慣れてきたので、ここま
 でできるようになった。
 同じ窓なのに、帯が横(A~D)か縦(E~H)
 で印象がかなり変わる。
 帯が横のほうが、広いお店の印象だ。


 

 



 身内、学校関係者、L社の社員の方にアンケート
 調査を行った。
 先入観のないように、タイ古式マッサージと整体
 のサロンの看板として、A~Hでどのデザインが
 好きかだけの質問だ。

  アンケート調査の目的は、デザインを選ぶ際の、
 基準や視点、人の感性を確認することにある。
 自分と異なる感性を知りたかった。

 調査をする時点では私は『B』を候補にすることに
 決めていた。
 オレンジを使ったほうが人の目は引くが、癒しのイ
 メージや1階の看板とのバランスを考えると、より
 シンプルなデザインがいいとの結論に達していた。

 もし『B』がアンケート結果で、上位4位までに入れ
 ば、『B』を第一候補にすることにした。
 めでたく『B』は上位入賞したので、これをベースに
 デザインを仕上げることにした。


   (オリジナルデザイン 『B』案 )

              

 太古ロゴはお店の『顔』なので、出来るだけ大きく
 描きたかった。
 無理を承知でサッシをまたいで、ガラス2枚分を占
 めるデザインにした。
 施工段階でピッタリつなぎあわせなければならない
 ので、やはり断られた。

 それならばということで、太古ロゴは半分ぐらいの
 大きさになるが、一枚のガラスに収まるサイズに、
 また、文字はその右隣に並べるデザインにした。
 下の写真が改訂版である。
 (まだ最終デザインではない)
 この看板の仕様では、かなりのこだわり、ノウハウ
 があるが、ここでは秘密としておく。

  (オリジナルデザイン 『B』案の改訂版 )



  次に①電飾袖看板だ。近くの交差点から見たとき
 のイメージ図だ。
 仕様は簡単で、太古ロゴとその下に「タイ古式マッ
 サージ・整体」の文字。周りの店舗の看板は赤、白、
 青なので、グリーンが目立つ。




  次に、③入口階段上看板(ロゴ、メニューボード)
 右下の写真は階段を登り切ったところの棚と壁。壁
 に看板を取り付けたい。
 一番上に太古ロゴ、その下に写真とメニュー表
 (コースと料金)、観葉植物を棚の上に置き、一番
 下が案内の矢印。矢印は黒で太く、背景は目立つよ
 うにオレンジ。

 




  その他、壁の表示や自動ドアの表示もデザインを
 検討し、すべてのデザインのたたき台が完成した。
 やれやれだ。

  その後、デザインを何度も見直し、最終デザイン
 完成後、見積もり費用を出してもらい、納得のいく
 料金だったので、発注した。
 外装工事は内装工事が終わってから行う。
 施工日は11月16日となった。
 その時の写真はまた後で紹介する。

  8月は学校に週2回ペースで通った。
 毎回2コマ、タイ古式マッサージの練習をした。
 そろそろ整体の卒業試験が気になり始めていた。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【37】起業準備
    ( 商標 )

  9月1日、商標の件で、L社に紹介してもらった
 特許事務所を訪れた。
 お会いした方の肩書は『弁理士』だ。
 弁理士とは、産業財産権等に関する業務を行うため
 の国家資格者または 国際資格者のことだ。 

 私たちが商品を買ったり、サービスを利用する際、
 商品の名前や、お店のロゴなどを目印として選ぶ。
 商品やサービスを通じて信用を積み重ね、あの商品
 なら、あのお店なら「安心できる」、「信頼できる」
 というブランドイメージが築かれていく。
 
 名前やロゴを無断で真似て使い、もし商品やサービ
 スの質が悪ければ、知らないところでブランドイメ
 ージが損なわれていく。
 知的財産権の「商標権」が、商品、サービスにつけ
 る名前やロゴを財産として守ってくれる。

 太古で言えば『太古ロゴ』がお店の『顔』であり、
 お客様から見たときの目印となる。
 このロゴを商標登録すると、真似されることを防ぐ
 ことが出来、知的財産を守ることになる。



 『太古ロゴ』に込めた思いを再掲する。
 お客様が、このロゴを見て、太古に行けば身体が楽
 になる、癒される、くつろげる、安心して任せられ
 る等と思って頂けると、ブレンドイメージを高める
 商標の役割を果たしたことになる。

  --------------------------------------------------

   「太古」のロゴは人が手足を伸ばしてくつろいで
   いる雰囲気をイメージしています。
   人が太古の昔に戻って人間らしさを取り戻し、
   心身ともに健康で健全な姿になってほしいとの
   思いが込められています。

   またこのような時代だからこそ、より人と人と
   のつながりを
   大切にしたいというメッセージも込められてい
   ます。       
  -----------------------------------------------------   

  商標として考えたデザインは2つ。
 一つは『太古ロゴ』、もう一つは『太古ロゴ』に
 文字を組み合わせたもの。

 打ち合せの結果『太古ロゴ』のみを出願することに
 した。商標の種類として文字商標、図形商標、立体
 商標等があるが、『太古ロゴ』は図形商標に該当す
 る。
 
  当然費用がかかるが、それよりも気になるのが、
 ①審査でOKになるのかどうか、②もしOKの場
 合、どれぐらい時間がかかるのか の2点だ。
 
  ● 審査OKになるかどうかは、
    審査官次第とのこと。
  ● 登録まで、早くて6ヵ月ぐらいかかるようだ。



  すんなりOKならラッキーだが、拒絶されたらど

 うしようか。今から悩んで
 もしょうがない。OKの場合でも、6ヵ月はかか
 る。つまり順調にいって来年の春ごろだ。
 まあこの世界の常識と思って割り切るしかない。

  弁理士に丁寧に説明してもらったので、全体像が
 つかめた。
 画像の電子データを渡し手続きを依頼した。
 一日でも早いほうがいいですよね?と気を使ってい
 ただいた。
  ---------------------------------------------------
   9月1日  弁理士さんに出願の依頼
   9月2日  朝一で商標登録出願完了
   9月3日  出願書類の写し受領、請求書受領
  -------------------------------------------------

  なんと、次の日にはもう、出願手続きが完了した
 とのメールをもらいびっくりした。さすがにプロの
 手際はすごい。改めて自分でやらなくてよかったと
 胸をなでおろした。
 いい弁理士さんを紹介してくれたとL社に感謝のメ
 ールを送った。
 年内は結論が出ないだろうから、しばらくはこの件
 は、あれこれ考えないようにしよう。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【38】店舗準備
  ( 工事請負契約 )


  9月7日、L社を訪問した。5回目だ。
 前回8月31日にも訪問し、リフォームの仕様がす
 べて決まったので、今日は正式な見積書に基づき、
 内容を説明してもらった後、工事請負契約書を取り
 交わした。

  ----------------------------------------------
  見積もりの内訳は、
   解体工事、木工事、建具工事、給湯器工事、
   ガス工事、給排水工事、電気工事、住設工事、
   クロス貼り工事、床フロア工事、塗装工事、
   ハウスクリーニング、エアコン工事等である。
   平面詳細図、シャワールーム、キッチン、便
   器等のカタログ一式、電気配線工事の図面、
   照明器具のカタログ一式、エアコンのカタログ。
  -------------------------------------------------

  ほぼ1ヵ月、リフォームの仕様決めに集中してい
 たので、ひとまずほっとした。
 L社さんとともに拍手、握手で締めくくった。
 入居日が若干前倒しになり、9月15日に決まっ
 た。
 解体工事は、次の日、9月16日から始まる。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【39】 起業準備
  ( 開業講座2 )

  先月、8月15日に大学生の甥に起業(開業)の
 話をしたが、今度は、将来開業を視野にいれている
 学校の生徒、興味がある生徒合計5人を対象に、
 9月11日に『開業講座』を開くことになった。
 当然開業しているわけではないが、皆よりも先に、
 開業に向け動き出し、参考になることがいろいろ
 とあるだろうと思い、情報提供することにした。

 PowerPointの資料は少し加筆、修正等をおこなっ
 た。
 どこか手ごろな部屋はないかと考えていたら、カ
 ラオケ店を思いついた。
 新宿のカラオケ店で、5時間ほど、歌を一曲も歌
 わず、講義を行った。
 講義後は、アンケート調査を行い、教育の効果を
 確認した。