ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ

健康情報(8)

●●●●●●●●●●●●
普通に生活していると
30歳ぐらいから筋肉量が
減っていきます。

「加齢による筋肉量減少を
『サルコぺニア』と言う。

特に減りやすいのが
下半身や体幹の筋肉。

20代、30代の若い方は、
将来健康的な生活を送られる
ように、今のうちに筋トレを
する習慣を身につけましょう。

40代、50代の方は若い時の
筋肉量に比べてどの程度
減っているかを直視して
ください。 

かなり減ってきている
な~という方(涙)、
今からでも遅くないので、
出来る範囲で無理のない
レベルで筋トレをしましょう。 
●●●●●●●●●●●●

2017年05月17日

♣健康情報(7)

●●●●●●●●●●

太古のドリンクのうち
今日はローズヒップを
ご紹介します。

ローズヒップとはバラの花が
咲き終わった後の実のことで、
昔からハーブティーとして
愛飲されてきました。

ビタミンCが豊富です。
鉄分、ビタミンE,
リコピンなども
含まれています。

肌の新陳代謝、美肌、
老化防止、ホルモンバランス
調整、生理痛の緩和等に
効果があります。 

おすすめです。

●●●●●●●●●●●

2017年05月14日

♣健康情報(6)

●●●●●●●●●●●●●
肩こりは、首、肩、背中の
筋肉の緊張が続き疲労して
いる状態のことです。

緊張状態→すなわち筋肉を
動かしていないということ
です。

運動不足、姿勢が悪かったり、
PC作業の長い方、スマホ依存、
今の生活環境では肩こりに
なる要因があふれています。

予防の観点から、どのように
対策するか考えてみましょう。

日々簡単に出来て、長続き
する方法を取り入れて
みましょう。

太古では、その方法について
ヒントをお話できればと
思います。

--------------------------

まずは今の心身の状態を
改善することから。

●定番のタイ古式マッサージ
では特に肩コリはお任せ
ください。

痛くなく、深層のコリから
ほぐすアプローチですので、
効果がありその改善効果が
持続します。

タイ古式は運動不足の方に
最適な手技です。
自律神経の働きも改善
されますよ。
(呼吸器系、消化器系)

●脚のむくみ、リンパの滞り
にはアロマリンパケアが
おすすめ。

肩、肩甲骨周りはタイ古式と
同じアプローチでほぐします。
(10種類以上の精油から
お好みのものをお選び
いただけます)
●●●●●●●●●●●

2017年05月14日

♦雑学(3)

●●●●●●●●●●●●
セラピストっていったい何を
考えながら施術していると
思いますか?

私は施術中にお客様の
筋肉と会話しています。
お~っと、たとえ話ですよ。

手当ということばがある
ように、お客様の身体に
触れれば、身体の状態が手を
通じて伝わってきます。

筋肉が張っている、硬く
なっている(柔軟性がない)、
奥深いところにコリがある
等々。

如何に最適な施術で最大の
効果を出すかに神経を
集中させます。

言葉で書くと下記のような
プロセスでしょうか。

 ①身体の状態を把握する

 ②大まかな施術の
  アプローチを決める

 ③施術する
 (施術しながら最適な
  施術方法を適用する)

 ④効果の確認をする
 (改善されたかどうか
  確認する)
  例えば、もみほぐしなら
  どれだけほぐれたか。
  ストレッチなら、どれだけ
  柔軟性が良くなったか等。 

お客様の健康改善に、
最大限貢献できるように
日々研究しています。

●●●●●●●●●●●●●

2017年05月14日

♦雑学(2)

●●●●●●●●●●●●
部屋照明について。
 
オレンジ色の光は気分を
落ち着かせ、リラックス
出来る効果があります。

ある企業ではオフィスを
想定し、一日の中で光の色を
変化させていくシステムの
検討がされているとの
ことです。 

朝から昼ごろまでは、青に
近い白い光で人を目覚めさせ、
効率アップを図る。
 
それ以降は徐々にオレンジ色の
光にしていき、リラックス
モードになるようにする。
  
理にかなった取り組みですね。 

我々の生活で光や色は
切っても切れない重要な
要素で、それを生活に
活かすことが大事ですね。

これをヒントにあなたの
お部屋の照明を工夫して
みてはいかがでしょうか? 

何か資料を作る時はLEDや
蛍光灯の白い色。
 
それが終わってくつろぎたい
ときはオレンジ色の照明で
リラックスモードに突入!!

ただしTV、携帯電話、スマホ
などの光は白ですね~。
ず~っと見たり、操作して
いると、疲れますので
ほどほどに。
●●●●●●●●●●●●

2017年05月14日
» 続きを読む